ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

辻仁成「99才まで生きたあかんぼう」村井良大主演で舞台化、音楽はSUGIZO

2690

「99才まで生きたあかんぼう」の出演者。左から村井良大、松田凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二。

「99才まで生きたあかんぼう」の出演者。左から村井良大、松田凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二。

辻仁成の小説「99才まで生きたあかんぼう」が、辻自身の脚本・演出により舞台化。公演は、2018年2月22日から3月4日まで東京・よみうり大手町ホール、3月24日に大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて行われる。

「99才まで生きたあかんぼう」は、1人の男性の0歳から99歳までの軌跡をつづったヒューマンドラマ。LUNA SEA、X JAPAN、Juno Reactorのメンバーとして活動するSUGIZOが音楽を手がけ、辻の舞台および映画「醒めながら見る夢」に出演した村井良大が主演を務める。このほか松田凌玉城裕規馬場良馬松島庄汰松田賢二がキャスティングされた。

2014年「海峡の光」で同劇場のこけら落としを飾った辻が手がける、4年ぶりのオリジナル作品に注目しよう。東京公演のチケットは11月25日、大阪公演のチケットは12月3日に発売される。

「99才まで生きたあかんぼう」

2018年2月22日(木)~3月4日(日)
東京都 よみうり大手町ホール

2018年3月24日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原作・脚本・演出:辻仁成
音楽:SUGIZO
出演:村井良大松田凌玉城裕規馬場良馬松島庄汰松田賢二

ステージナタリーをフォロー