音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

作詞を手がける広告マン、林哲司プロデュースでソロデビュー

33

林哲司の楽曲で多くの英詞を手がけてきたドワイト・ウォルドロンが、ソロアーティストとしてデビュー。林のプロデュースによるミニアルバム「Once...」を本日11月30日にリリースした。

広告の分野でクリエイティブディレクター&グラフィックデザイナーとして活躍し、数々の国際的な賞を受賞しているドワイト。1980年年代より林の作品で作詞を担当し、1988年に発表された「ネスカフェ」CMソング「Taste The Love」は全日本シーエム放送連盟(ACC)主催の広告賞で音楽賞に輝いた。林が2015年11月にリリースしたアルバム「Touch the Sun」ではドワイトがインスト曲を除く全曲の作詞を担当している。

ドワイトにとって初のソロ作品となる「Once...」には全6曲を収録。ドワイト本人が作詞・作曲したオリジナルソングのほか、林のアルバム「Touch the Sun」から2人の共作ナンバー「Perfect World, Perfect Girls」「Touch the Sun」も収められている。なおブックレットには全曲の対訳と共に、林によるライナーノーツも掲載されている。

ドワイト・ウォルドロン「Once...」収録曲

01. ウェイ・アウト・ウエスト Way Out West
02. ワンス(イフ・ユー・セイ・ユー・ラヴ・ミー) Once (If You Say You Love Me)
03. パーフェクト・ワールド,パーフェクト・ガールズ Perfect World, Perfect Girls
04. ビューティフル・スキームズ Beautiful Schemes
05. コンプリートリー・ワイルド Completely Wild
06. タッチ・ザ・サン Touch the Sun

音楽ナタリーをフォロー