音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

雑誌「ユリイカ」日本語ラップ特集でZeebra、般若、KOHH、いとうせいこうが証言

262

本日5月27日発売の雑誌「ユリイカ」2016年6月号で、日本語ラップの特集が組まれている。

誌面にはZeebra般若KOHH、いとうせいこう(□□□)へのインタビューや、漢 a.k.a. GAMI(MSC)とANARCHYKダブシャインと牛田悦正(Tha Bullshit、SEALDs)による対談、サイプレス上野や入江陽らによるエッセイなどを掲載。DOTAMA(FINAL FRASH)、ACE、CHARLESによるトークや、N/K a.k.a. 菊地成孔(JAZZ DOMMUNISTERS、dCprG)、OMSB(SIMI LAB)、Moe(Moe and ghosts)の座談会の様子も読むことができる。

「ユリイカ」2016年6月号 特集内容

特集*日本語ラップ

【インタビュー】
シーンを導く表現技法 / Zeebra
聞き手=佐藤雄一

“昭和の残党”の戦い / 般若
聞き手=二木信

滲みだす“叫び” / KOHH
聞き手=山田文大

自転車(ビート)に乗ってどこまでも / いとうせいこう
聞き手・構成=磯部涼

【対談】
“ヒップホップ”の証明 ストリートを超えて / 漢 a.k.a. GAMI、ANARCHY
司会=二木信

系譜の意識 インディペンデント精神と民主主義 / Kダブシャイン、牛田悦正
司会・構成=磯部涼

【エッセイ / マンガ】
日本語ラップ今昔物語(p.k.a.俺が生き証人) / サイプレス上野
イン・だ・ハウス / 入江陽
日ポン語ラップの美ー子(びーこ)ちゃん Ink Boyz編 / 服部昇大
理由はありませんが / 三宅唱
ホモ・ルーデンスのビートメイキング / 吉田雅史

【日本語ラップの詩学、あるいはその技法】
RAP ATTACK 日本語ラップは何を歌っているのか / 二木信
なぜ貧しいリリックのKOHHをなんども聴いてしまうのか? / 佐藤雄一
「リアル」になる キャラクターとしてのラッパー / 岩下朋世

【徹底討議】
日本語ラップ批評の現在 / 大和田俊之、磯部涼

【座談会】
サイファー/MCバトルの方法論 / DOTAMAACE、CHARLES
司会=佐藤雄一

〈最終戦争を前提にした永遠の停戦〉と〈液状化する世界の境界線上に立つ者共〉として / N/K a.k.a.菊地成孔(JAZZ DOMMUNISTERS、dCprG)、OMSB(SIMILAB)、Moe(Moe and ghosts)

【地下に根づく音楽】
USラップシーンのトレンドの変容と日本語ラップ / 渡辺志保
期待はずれの夢みるオマンコが揉みくしゃにされたいデカイお尻になるまで / 水越真紀
ライマーズ・ディライト / 韻踏み夫
健忘の記憶 楽団ひとり論──ネット、地方、その交点 / 佐々木寛太郎
来るべき日本のヒップホップ映画史のために / 成田雄太

【資料】
マイク / マジック / リアリズム 日本語ラップ 一九八二年-二〇一〇年代 / 荏開津広

音楽ナタリーをフォロー