映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤健、鈴木亮平ら東京ドラマアウォードで喜び語る、「天皇の料理番」4冠獲得

652

東京ドラマアウォード 2015授賞式の様子。下段左からエーン・トーンプラソム、ユキ・カトウ、吉田羊、黒木華、西村和美、中園ミホ。上段左から松江哲明、鈴木亮平、佐藤健、八木康夫。

東京ドラマアウォード 2015授賞式の様子。下段左からエーン・トーンプラソム、ユキ・カトウ、吉田羊、黒木華、西村和美、中園ミホ。上段左から松江哲明、鈴木亮平、佐藤健、八木康夫。

東京ドラマアウォード2015の授賞式が本日10月21日、東京・東京プリンスホテルにて行われ、各賞の受賞者が登壇した。

2007年より実施されている国際ドラマフェスティバル in TOKYOの一環として開催された同授賞式では、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと選定された作品、およびその出演者やスタッフらを表彰。海外ドラマを対象にした賞も用意され、授賞式にはそのキャスト、スタッフも招かれた。

「山田孝之の東京都北区赤羽」で山下敦弘とともに演出賞を獲得した松江哲明は、プレゼンターを務めた俳優・石坂浩二に「新しい形のドラマ」と同作を評され「ありがとうございます。去年、山田孝之が体験したことを山下敦弘が撮影し、僕が編集や構成をするという形で制作しました」と回答。また式に出席できなかった山下から手紙を預かってきたという松江が「あのとき自分は赤羽という街に操られ、山田孝之の2014年の夏を記録しただけと言うのが本当のところです。皆さん間違っても赤羽に自分探しをしに行かないでください」と読み上げると会場は笑いに包まれた。

「HERO」で助演女優賞を獲得した吉田羊は「私の人生における初めての女優賞を、大きなターニングポイントになった『HERO』で受賞でき、共演者やスタッフの方々、ほかでもない木村拓哉さんに心を込めて感謝を申し上げたい」とコメント。「天皇の料理番」「花子とアン」での演技が評価され、助演男優賞を授与された鈴木亮平は「自分の中でもっとも愛情を捧げた2つの役なので、賞をいただけて光栄です」と感慨にふける。

「天皇の料理番」の秋山篤蔵役で主演男優賞に輝いた佐藤健は「1人の人間の一生を演じることが初めてだったので、すごく難しかったです」と振り返る。その言葉に対して石坂が「TBSの大河ドラマを観ているようでした」と同作に対する感想を述べると「ありがとうございます! 本当にうれしいです」と声を弾ませた。

黒木華の主演女優賞、連続ドラマ部門グランプリを含め4冠に輝いた「天皇の料理番」。授賞式で久々に黒木、鈴木と再会できたことを喜ぶ佐藤は「撮影の後半は黒木さんや鈴木さんの顔を思い出すだけで自動的に涙が出る体になってました」と語り、役への強い思いを覗かせた。

東京ドラマアウォード2015

作品賞 連続ドラマ部門

グランプリ:「天皇の料理番」TBSテレビ
優秀賞:「マッサン」NHK
優秀賞:「きょうは会社休みます。」日本テレビ
優秀賞:「アオイホノオ」テレビ東京
優秀賞:「デート ~恋とはどんなものかしら~」フジテレビ

作品賞 単発ドラマ部門

グランプリ:「オリエント急行殺人事件」フジテレビ
優秀賞:「坂道の家」テレビ朝日
優秀賞:「遠い約束」TBSテレビ
優秀賞:「永遠の0」テレビ東京
優秀賞:「十月十日の進化論」WOWOW

ローカル・ドラマ賞

「ここにある幸せ」NHK福岡放送局
「UBASUTE」北海道テレビ

個人賞

主演男優賞:佐藤健「天皇の料理番」
主演女優賞:黒木華「天皇の料理番」
助演男優賞:鈴木亮平「天皇の料理番」「花子とアン」
助演女優賞:吉田羊「HERO」
脚本賞:中園ミホ「花子とアン」
演出賞:松江哲明、山下敦弘「山田孝之の東京都北区赤羽」
プロデュース賞:八木康夫「おやじの背中」

特別賞

シャーロット・ケイト・フォックス「マッサン」

J Series賞

「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」

海外作品特別賞

「未生~ミセン~」韓国
「サミー・ティートラ~夫の証~」タイ
「娘のしあわせ」インドネシア

映画ナタリーをフォロー