映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田孝之が明かす江口洋介の兄貴らしい気遣い、「東京都北区赤羽」イベント

232

イベントの様子。左から山田孝之、松江哲明、山下敦弘。

イベントの様子。左から山田孝之、松江哲明、山下敦弘。

ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」のDVD発売記念イベントが、6月3日に東京・LIQUIDROOMにて開催された。

本作は清野とおるのエッセイマンガ「東京都北区赤羽」「ウヒョッ!東京都北区赤羽」を題材に、山田孝之が赤羽でひと夏を過ごすさまを切り取ったテレビドラマ。監督は「もらとりあむタマ子」の山下敦弘と「フラッシュバックメモリーズ 3D」の松江哲明が共同で務めた。

イベントは劇中に登場した路上ミュージシャン斉藤竜明の弾き語りで幕を開け、山田、松江、山下、MCのダイノジ大谷ノブ彦による事前打ち合わせなしのフリートークへ。山田は番組の放送開始以降、俳優仲間や知人からの連絡が絶えないという。そして番組を観て心配した江口洋介から「お前さ、俳優やめるって言ってるらしいな。悩んでるなら話を聞こうと思って」と呼び出されたと語った。さらに松江がこのドラマの縁によって、マンガ家のまん○画太郎(漫☆画太郎)宅を清野と山田と共に訪問したエピソードを明かすと、会場はどよめきに包まれた。

フリートークを終えると、松江と山下が劇中から選んだ“いろんな意味で鳥肌が立ったシーン”を上映。「モテキ」で知られる大根仁が、映画界にとって山田がいかに重要な俳優であるかを山下に説く場面や、山田が赤羽の路上でナンパに挑戦するシーンなどが映し出され、笑いが巻き起こる。そんな中、山田は「俺は何をやってたんだろう……」と、1人うなだれる。

中盤には、スチャダラパーが本作のオープニング曲「中庸平凡パンチ」のパフォーマンスを披露。さらに清野と“ちから”のマスター夫婦やジョージさん、赤羽の母、ワニダさんら赤羽の住人たちによるトークコーナーや、山田の実姉である女優の椿かおりと歌手のSAYUKIが登壇するなど、番組の出演者が続々と姿を見せてイベントに彩りを添えた。そしてエンディングテーマ「TOKYO NORTH SIDE」の作曲を手がけた吉井和哉が登場し、同曲とMVに山田が出演した「ビルマニア」を歌唱した。

締めくくりには番組に関連したグッズが当たる抽選会が行われ、山田が着用した衣装や山下が手がけた映画のDVDなどが次々とプレゼントされた。最後を飾る目玉商品は、劇中で彼女が欲しいとアピールしていた鷹匠、大和田等さんの連絡先。当選者が名乗り出ないというハプニングが3度繰り返されるも、“独身の女性”という条件を満たした当選者が現れるまで抽選会は継続。イベントの大盛況のうちに幕を閉じた。

映画ナタリーをフォロー