映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤健、「バクマン。」舞台挨拶で神木隆之介の“かわいい”秘密を暴露

499

「バクマン。」大ヒット舞台挨拶の様子。左から桐谷健太、神木隆之介、佐藤健、小松菜奈。

「バクマン。」大ヒット舞台挨拶の様子。左から桐谷健太、神木隆之介、佐藤健、小松菜奈。

本日10月12日、「バクマン。」の大ヒット舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日劇にて行われ、キャストの佐藤健神木隆之介小松菜奈桐谷健太が登壇した。

これは、本作で主演を務める佐藤と神木が、北は北海道から南は福岡まで、全国をまわるキャンペーン「全国BAKU走!1MAN。人舞台挨拶」のラストを飾るもの。10月10日から12日にかけての3日間、23回にわたる舞台挨拶を実施した佐藤は、現在の心境を「たくさんの人とお会いし、言葉を交わすことができて、本当に有意義な時間を過ごせました」と語り、感慨にふける。初日舞台挨拶を行った同地に帰ってきたことを喜々として話した神木も「観客の皆さんの上映後のいい意味での疲労感や、上映前のワクワク感を肌で感じることができました」と声を弾ませる。

3日間、神木と行動をともにした佐藤は「リュウ(神木)の色んな面が見れて楽しかった」と述べ、「昨日札幌で、ご飯を食べたんですよ。そのときに判明したんですけど。リュウ、カニが触れないんですよ」と暴露。「でも食べるのは大好きなので、一緒にカニを食べにいったら、周りの人が身を剥がなくちゃいけないんですよ」と話を続けると、会場からは「かわいい」と黄色い声援が上がる。その言葉に対して桐谷が「ええなぁ、かわいいって言ってもらえて。俺だったら『えー、いい大人が』ってなるで」とコメントし会場の笑いを誘う。

舞台挨拶では同キャンペーン中に、神木が撮影した佐藤の写真も披露。3日間を通して「いいお兄ちゃんだと改めて実感した」と述べる佐藤の魅力を、卓球ラケットを持つ姿や、唇をアップで切り取った写真をスクリーンに映しながら前のめりに語る神木の姿に、会場からは温かな笑い声や黄色い悲鳴が湧いた。

本作の来場者数が、10月3日の封切りから10月11日までの9日間で50万人を超えたことを聞いた小松は「本当にうれしいです」と満面の笑顔で語る。その後、現場では佐藤と神木と3人での撮影がほとんどだったことに触れ「ほかの方のシーンを現場で見たりすることができなくて、映画を観て『うわあ、こんなふうになってるんだ』と思って……はい」と話しながら言葉をまとめようと四苦八苦する小松に、「大丈夫だよ」「映画で初めてほかのキャストの演技やシーンを観て『すごいなあ』と思ったんだよね」と佐藤がフォローを入れると、観客からは大きな拍手が。続けてマイクを取った桐谷が「自分が出てないシーンは『うわあ、こんなふうになってるんだ』と思って……」と小松を真似ると、神木も佐藤同様落ち着いたトーンで「大丈夫だよ」「『すごいなあ』と思ったんだよね」と言葉をかけ、会場を笑いの渦に包んだ。

「バクマン。」は、大場つぐみと小畑健によるマンガを原作にした文化系青春映画。マンガを共作し週刊少年ジャンプでの連載を目指す2人の男子高校生の姿を、プロジェクションマッピングなどの手法を使用した独創的な映像を通して描く。

映画ナタリーをフォロー