音楽ナタリー

B'z松本&稲葉、ソロ作品リリース&全国ツアー開催

B'zの松本孝弘と稲葉浩志が、それぞれソロ活動を再始動することを発表した。

1月からスタートした全国ツアー「B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic"」が、3月の東京ドーム4DAYS公演で無事終了したばかりの2人。今年は各自のソロ活動を再び本格化させることとなった。

松本はジャズ・フュージョン界の大物、ラリー・カールトンとコラボレーション。ともにギブソン社のギターを愛用していることから、同社を通じてラリー側から松本に話がもちかけられ、今回の共作が実現した。2009年よりレコーディングがスタートしたこのアルバムは“Larry Carlton&Tak Matsumoto”名義で6月に全世界でリリースされることが決定。その後には全国ツアーも開催する。

また、稲葉は新曲「この手をとって走り出して」を制作。この曲は本日3月29日より放送されるTBS系ニュース番組「NEWS23クロス」のエンディングテーマとしてオンエアされる。さらに今年は、2004年発売のシングル「Wonderland」とアルバム「Peace Of Mind」以来、約6年ぶりとなるソロ新作音源をリリース。その後は2度目の全国ソロツアーも予定されている。

いずれもリリース日、ツアースケジュールなど詳細は後日発表。続報も楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー