音楽ナタリー

倉木麻衣「名探偵コナン」初日舞台挨拶で映画館を“から紅”に

1206

劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」の初日舞台挨拶で歌唱する倉木麻衣。

劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」の初日舞台挨拶で歌唱する倉木麻衣。

劇場アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」の初日舞台挨拶が本日4月15日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、主題歌を担当する倉木麻衣がゲスト出演した。

「名探偵コナン」の劇場版第21作にあたる本作は、大阪と京都を舞台に、江戸川コナンと服部平次が百人一首の絡んだ事件に挑むミステリー。倉木は本作に和楽器を取り入れた新曲「渡月橋 ~君 想ふ~」を書き下ろした。

イベント終盤、“から紅色”の衣装で登場した倉木は「渡月橋 ~君 想ふ~」について「(『名探偵コナン』の)新しい世界観を私なりに表現させていただきました」とコメント。さらに「愛と感謝の思いを込めて、歌をプレゼントさせていただこうと思います」と言い、「から紅の恋歌」の主題歌「渡月橋 ~君 想ふ~」と、劇場版「名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)」の主題歌「Time after time ~花舞う街で~」を2曲続けて披露した。観客は入場時に配布された“から紅色”のサイリウムを手にし、倉木によるこの日限りのスペシャルメドレーを楽しむ。倉木は歌い終えると初日舞台挨拶で歌唱するのが初めてであったことを明かし、「コナンのファンの皆さんと一緒に、歌で会場を熱く盛り上げることができてとってもうれしいです。ペンライトもとっても素敵でした。ありがとうございました!」と声を弾ませた。

舞台挨拶にはこのほか江戸川コナン役の高山みなみ、毛利小五郎役の小山力也、服部平次役の堀川りょう、遠山和葉役の宮村優子、さらにゲスト声優の宮川大輔吉岡里帆が登壇。高山は「皆様の熱い熱い『コナン』愛に支えられて、これからの20年もがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!」と意気込みを語り、恒例となった「真実はいつもひとつ!」のポーズを観客と共に決めた。

劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌」は、本日4月15日より全国東宝系にてロードショー。

音楽ナタリーをフォロー