あなたのZINEをつくってみて!Hand Saw Press「ガリ版印刷発信基地」スタート

1

309

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 61 245
  • 3 シェア

Hand Saw Press「つながる!ガリ版印刷発信基地」が、昨日10月8日に東京・ガリ版印刷発信基地ほかでスタートした。

ガリ版印刷発信基地の様子。

ガリ版印刷発信基地の様子。

大きなサイズで見る(全6件)

Pop-up ZINE スタンドの様子。

Pop-up ZINE スタンドの様子。[拡大]

これは「東京芸術祭2021」の1プログラム。少部数の手作り冊子・ZINEを作成、交換することを楽しむスポット「つながる!ガリ版印刷発信基地」が豊島区各所に出現し、ZINEを通じた人々の交流を生み出す。ディレクションをHand Saw Pressの安藤僚子、菅野信介が手がけ、ゲストアーティストには宮永琢生、YUKIが名を連ねた。

安藤と菅野は連名で「芸術祭の最終日、11月6日(土)と11月7日(日)には、『フィナーレ・ZINE祭り』を開催予定。期間中作られたZINEの展示会と中高生バンドも加わったライブを企画しています。ぜひ皆さん、この『フィナーレ・ZINE祭り』に向けて、あなたのZINEをつくってみてください。全国のスタンドで、あなたが作ったZINEが手に取られ、あなたの表現が誰かとつながるために、私たちは1ヶ月間、ひたすら印刷し、発信したいと思います」と意気込みを語った。

なおステージナタリーでは「東京芸術祭2021」の特集を展開中。Baobabの北尾亘、KIKIKIKIKIKIのきたまり、CHAiroiPLINのスズキ拓朗による座談会、総合ディレクターの宮城聰と「としまおやこ小学校」を手がけるYORIKOの対談を掲載している。

この記事の画像(全6件)

Hand Saw Press(安藤僚子、菅野信介)コメント

2019年のフェスティバル/トーキョーから大塚駅南口、サンモール大塚商店街に「ガリ版印刷発信基地」を開いて3年目。ZINEと呼ばれる、自分が伝えたいことを自由に綴った冊子をつくって、誰かと交換する場として、こどもから大人まで大熱狂するプログラムが初日を迎えました。
今年も豊島区内で6箇所、全国に14箇所にPop-up ZINEスタンドを開設。毎週日曜日には、トラックに印刷機を乗せて、豊島区内の4か所の公園に出張します。今年は新たに、豊島区立中高生センタージャンプ東池袋・長崎が拠点に加わり、中学生、高校生たちの参加に期待が高まります。また、豊島区の3つの図書館では、手紙形式の選書のZINEづくりも展開します。
さらに、芸術祭の最終日、11月6日(土)と11月7日(日)には、「フィナーレ・ZINE祭り」を開催予定。期間中作られたZINEの展示会と中高生バンドも加わったライブを企画しています。ぜひ皆さん、この「フィナーレ・ZINE祭り」に向けて、あなたのZINEをつくってみてください。全国のスタンドで、あなたが作ったZINEが手に取られ、あなたの表現が誰かとつながるために、私たちは1ヶ月間、ひたすら印刷し、発信したいと思います。

Hand Saw Press「つながる!ガリ版印刷発信基地」

2021年10月8日(金)~11月7日(日)※木・金曜日は15:00~20:30(最終受付20:00)、土・日曜・祝日は11:00~19:00(最終受付18:30)。
東京都 ガリ版印刷発信基地、ZINE スタンド、Pop-up 印刷トラック(豊島区内各所)、Pop-up ZINE スタンド(豊島区、全国各所)

ディレクション:Hand Saw Press(安藤僚子、菅野信介)
ゲストアーティスト:宮永琢生、YUKI

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

あなたのZINEをつくってみて!Hand Saw Press「ガリ版印刷発信基地」スタート(コメントあり)
https://t.co/Ya9CKLa5jP https://t.co/O1pwJy600r

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします