「消しゴム山」東京公演開幕、岡田利規「劇場という物理的な空間で演劇をやることの底力」

73

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」が、本日2月11日に東京・あうるすぽっとで開幕する。

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)

大きなサイズで見る(全9件)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)[拡大]

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)[拡大]

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演より。(撮影:高野ユリカ)[拡大]

「消しゴム山」は、岡田利規率いるチェルフィッチュと美術家の金氏徹平が取り組んできた「消しゴム」シリーズの最新公演。同シリーズでは、2019年10月の「KYOTO EXPERIMENT 2019」にて劇場版「消しゴム山」、昨年2月に美術館版「消しゴム森」、昨年5月にはオンライン版「消しゴム畑」が展開され、異なる形式の中で、人、モノ、空間、時の新しい関係性を提示してきた。

今回の「消しゴム山」東京公演では、骨伝導イヤホンでナレーション音声を聴きながら鑑賞できる“エクストラ音声ガイド貸出”や、子供や障害のある人のための“鑑賞マナー ハードル低めの回”を用意。また2月13日18:00開演回、14日14:00開演回には、バリアフリーと多言語で鑑賞できるオンライン型劇場・THEATRE for ALLと連携した字幕付きライブ配信が行われる。

開幕に際し、岡田は「パンデミックを現在進行形で経験しているわたしたちの前にこの『消しゴム山』はどのようなものとして現れるのか、目の当たりにするのを楽しみにしていました。公演が実現して嬉しいです。劇場という物理的な空間で演劇をやることの底力をまざまざと再確認しました」と思いを述べ、金氏は「様々な状況や経験を経て変形、進化した『消しゴム山』をそれぞれの状況に適した方法でお楽しみいただければと思います。どこを切り取っても『消しゴム山』です」と観客にメッセージを送った。

上演時間は約2時間20分を予定。公演は2月14日まで。

なおステージナタリーでは「THEATRE for ALL」の特集を展開中。「THEATRE for ALL」で作品が配信される岡田とノゾエ征爾が、観客に対する意識やクリエーションについて語っている。

この記事の画像(全9件)

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演

2021年2月11日(木)~14日(日)
※2月13日(土)14:00開演回は“鑑賞マナーハードル低めの回”。
東京都 あうるすぽっと

作・演出:岡田利規
セノグラフィー:金氏徹平
出演:青柳いづみ安藤真理、板橋優里、原田拓哉、矢澤誠、米川幸リオン

2020 / 2021 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」東京公演 ライブ配信

2021年2月13日(土)18:00~、14日(日)14:00~

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

チェルフィッチュのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 チェルフィッチュ / 岡田利規 / 金氏徹平 / 青柳いづみ / 安藤真理 / 矢沢誠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします