第13回小田島雄志・翻訳戯曲賞を沈池娟、世田谷パブリックシアターが受賞

1

69

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 29 38
  • 2 シェア

第13回小田島雄志・翻訳戯曲賞の受賞者、受賞団体が発表された。

今年は、李ボラム作「少年Bが住む家」を翻訳した沈池娟(シム・ヂヨン)と、フリードリヒ・シラー作、スティーブン・スペンダー上演台本の「メアリ・スチュアート」を安西徹雄の翻訳、森新太郎の演出で上演した東京・世田谷パブリックシアターが受賞。さらに、2009年10月の「ヘンリー六世・三部作」から今年10月「リチャード二世」にわたって上演されてきた、東京・新国立劇場「シェイクスピア歴史劇」シリーズが特別賞を獲得した。贈呈式は関係者のみで1月18日に行われ、式の模様は、東京・あうるすぽっとの公式YouTubeチャンネルで配信される。

小田島雄志・翻訳戯曲賞は、2017年まで翻訳家の小田島雄志が個人で主催し、優れた翻訳戯曲の提供者を表彰してきた賞。2018年からは、実行委員会が名称と趣旨を引き継ぎ、翻訳者個人に加え、優れた上演成果を挙げた団体も受賞対象となった。

※2021年1月7日追記:贈呈式は新型コロナウイルスの影響で延期になりました。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

第13回小田島雄志・翻訳戯曲賞を沈池娟、世田谷パブリックシアターが受賞
https://t.co/c2BDYtG1BM

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします