歴史劇シリーズ完結作「リチャード二世」開幕に岡本健一「12年かけて本番に挑む」

1

580

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 173 332
  • 75 シェア

「リチャード二世」が明日10月2日に東京・新国立劇場 中劇場で開幕する。これに先駆けて本日1日に、フォトコールと囲み取材が行われた。

左から演出の鵜山仁、浦井健治、岡本健一、中嶋朋子。

左から演出の鵜山仁、浦井健治、岡本健一、中嶋朋子。

大きなサイズで見る(全10件)

今作は、2009年より上演が重ねられてきた、シェイクスピアの歴史劇シリーズの完結作。フォトコールでは約10分間にわたり、リチャード二世の王宮を舞台とした、冒頭の1シーンが披露された。ステージ前方には枯れ草だらけの野原を模した舞台美術が広がり、ところどころに色鮮やかな花が咲く。その上に1段高い木組みの舞台が設置され、中央に置かれた王座の前に貴族たちが集まった。

「リチャード二世」フォトコールより。

「リチャード二世」フォトコールより。[拡大]

リチャード二世の前に召喚された2人の貴族、ノーフォーク公モーブレーとヘンリー・ボリングブルックは、王の前でにらみ合い、激しい言い争いを繰り広げる。ボリングブルックは、先ごろ暗殺されたグロスター公の死にモーブレーが関わっていたと告発するが、モーブレーはこれを否定していた。互いの足元を目がけて手袋を投げつけた2人は、決闘によって黒白をつけることになるが……。ボリングブルック役の浦井は、ひざまずいて冷静な口調で話しはじめるも、次第に感情を高ぶらせ、周囲の制止も聞かずに声を荒げていく変化を熱演。リチャード二世や王妃たちが見守る中で、かけあいがヒートアップしていく様子は、観る者に波乱の物語の幕開けを予感させた。

左から岡本健一、中嶋朋子。

左から岡本健一、中嶋朋子。[拡大]

そのあと行われた囲み取材には演出の鵜山仁、出演者の岡本健一浦井健治中嶋朋子が出席した。リチャード二世役の岡本は本シリーズを共に紡いできた座組の仲間たちについて「数年会わない時期があっても、再会した瞬間にその月日がなくなる感覚」と話し、「1作品ごとにそれぞれが命懸けで取り組む姿を見てきた。だから互いにリスペクトしているし、“異常な”信頼関係が築かれています」とカンパニーの団結力を垣間見せる。今回上演される「リチャード二世」は、シェイクスピアの一連の歴史劇の中では最も古い時代を扱った作品だ。岡本は「過去にやってきたシリーズが、この物語の“未来”になるのが不思議」と心境を語り、「(本作が)集大成になる。12年かけて明日の本番に挑むのだ、という気持ちです」と意気込んだ。

「リチャード二世」フォトコールより。

「リチャード二世」フォトコールより。[拡大]

浦井は「12年経つと先輩方もそのぶん年齢を重ねられ、深みが増して“ふかぶかしい”と言いますか……」と独特の言い回しで共演者を笑わせ、「先輩たちが発する1つの音が重い。『その1音を出したい』という憧れが(カンパニーの中に)たくさんあります」と真剣なまなざしを向ける。また、ボリングブルック役をかつて故・中嶋しゅうが演じていたこと、自身はその息子役を演じた経験があること、さらに美術の島次郎が昨年死去したことに触れて「輪廻と言いますか、見守ってくれていると思います。いろいろな思いを抱えながらみんなが前を向いていて、『演劇って素敵だな、絶対につながっていくんだな』という希望を感じるので、それに恥じないようにやっていけたら」と決意を述べた。

「リチャード二世」フォトコールより。

「リチャード二世」フォトコールより。[拡大]

「こういう時期に、お客様の前で演じられて本当に幸せ」と言う王妃役の中嶋朋子は、「シリーズを12年続けているからこそ『あのときのあれはお前のせいだったんだね!』みたいな話になっていくのがすごく面白い。親戚の集まりではないですが(笑)、長年積み重ねてきたものを本当に尊く、ありがたく思う毎日です」と感慨深げな表情を浮かべる。さらに「皆さん変わっていないと言えば変わっておらず、それが素晴らしいところ。もちろん寄る年波はありますが(笑)、顔を合わせられるだけで本当に幸せです。先輩方にもとても元気をいただいていて、私も元気を差し上げねば!と自分を奮い立たせています」と笑顔を見せた。

「リチャード二世」フォトコールより。

「リチャード二世」フォトコールより。[拡大]

鵜山は「初めは『ヘンリー六世』3部作だけで“たくさんだ”と思いましたが、いろいろな方の力でシリーズを続けてこられたことは大変ラッキー」とコメントし、「12年ずっと、王位を巡る話をやってきました。今回も端的に言えば『王位を譲れ!』『譲らない!』という、権力闘争の人間ドラマです」と本作を紹介。続けて、本作ではステージが草花に囲まれていることに言及して「花が咲いて実がなり、また葉が落ちるという世代交代や季節の変化も感じられる。自然の中で生きていく者の表情を見ていただけたら」と見どころをアピールする。またコロナ禍での上演については「(ウイルスを)あまり“敵”だと思っていない。よりいろいろなものを寛容に受け入れるためのものだと考えている」と持論を述べ、「最近は『人間のことだけ考えているとだめみたいだ』と痛切に思わされています。芝居はやはりそういう“エコー”を聞き、表現していかなくては」と言葉に力を込めた。

左から浦井健治、岡本健一。

左から浦井健治、岡本健一。[拡大]

また囲み取材では、過去作から続投のキャストが多い中で初参加する原嘉孝の話題も。浦井は「台本に同じ名前の登場人物がどんどん出てきても、僕はこの12年の間に俳優さんの顔でその人物を覚えたので理解できます。でも原くんに『これ、誰っすか!』と質問されて(笑)」と裏話を披露。原にとってジャニーズ事務所の先輩にあたる岡本も「きっと初めてこのシリーズを観たお客様は原くんのような感じだと思う。僕の中では『原くんが感動したらOK』みたいな感覚です。彼、最近よく(稽古中に)感動してますよ(笑)」と明かし、会場を笑いで包んだ。

公演は10月25日まで。なお歴史劇シリーズの完結を祝し、特別イベント「シェイクスピア歴史劇シリーズ映像上映」が、27日から11月3日まで新国立劇場 中劇場で開催される。イベントでは2009年の「ヘンリー六世」と2012年の「リチャード三世」を上映。詳細は公式サイトで確認を。

この記事の画像(全10件)

演劇「リチャード二世」

2020年10月2日(金)~25日(日)
東京都 新国立劇場 中劇場

作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:小田島雄志
演出:鵜山仁
出演:岡本健一浦井健治中嶋朋子立川三貴横田栄司勝部演之、吉村直、木下浩之、田代隆秀、一柳みる、大滝寛浅野雅博那須佐代子、小長谷勝彦、下総源太朗原嘉孝櫻井章喜石橋徹郎清原達之鍛治直人、川辺邦弘、亀田佳明松角洋平内藤裕志、椎名一浩、宮崎隼人

特別イベント「シェイクスピア歴史劇シリーズ映像上映」

2020年10月27日(火)~11月3日(火・祝)
東京都 新国立劇場 中劇場

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演 / 会見レポート】歴史劇シリーズ完結作「リチャード二世」開幕に岡本健一「12年かけて本番に挑む」
https://t.co/A5RMBET2FS

#岡本健一 #浦井健治 #中嶋朋子 #鵜山仁 https://t.co/APNQRLT6bD

コメントを読む(1件)

関連記事

岡本健一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡本健一 / 浦井健治 / 中嶋朋子 / 立川三貴 / 横田栄司 / 勝部演之 / 木下浩之 / 大滝寛 / 浅野雅博 / 那須佐代子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします