木ノ下歌舞伎「摂州合邦辻」再演に内田慈ら続投、俊徳丸役は土屋神葉

78

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」が、10・11月に東京と京都で再演される。本日5月29日、そのキャストが発表された。

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」より。(c)東直子

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」より。(c)東直子

大きなサイズで見る

本作は、昨年2・3月に京都、愛知、神奈川で上演された作品。再演版では内田慈が初演に引き続き玉手御前役を務め、土屋神葉が新たに俊徳丸役を演じる。飛田大輔、石田迪子山森大輔伊東沙保西田夏奈子武谷公雄が続投するほか、花組芝居の谷山知宏、柿喰う客の永島敬三、永井茉梨奈が初参加することも明らかになった。

初演と同じく、監修・補綴・上演台本を木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一、上演台本・演出・音楽をFUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介が担当。今回は木ノ下と糸井が増補と新曲の書きおろしに挑む。

公演は10月22日から26日まで東京・あうるすぽっと、11月2・3日に京都・ロームシアター京都 サウスホールにて。東京公演のチケット一般発売は8月30日を予定しており、京都公演のチケットは9月20日10:00に販売スタート。

ロームシアター京都 レパートリー作品 木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」

2020年10月22日(木)~26日(月)
東京都 あうるすぽっと

2020年11月2日(月)・3日(火・祝)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介
音楽監修:manzo
振付:北尾亘
出演:内田慈土屋神葉 / 谷山知宏永島敬三、永井茉梨奈、飛田大輔、石田迪子山森大輔伊東沙保西田夏奈子武谷公雄

関連する特集・インタビュー

関連記事

木ノ下歌舞伎のほかの記事

リンク