北尾亘

キタオワタル

1987年兵庫県生まれ、神奈川県育ち。幼少から舞台芸術に携わり、クラシックバレエからストリートダンスまでさまざまなダンスを経験。2009年にダンスカンパニー・Baobabを立ち上げ、全作品の振付・構成・演出を担う。また振付家として柿喰う客、範宙遊泳、ロロ、など演劇作品にも多数参加。またダンサー・俳優として近藤良平、多田淳之介、杉原邦生、山本卓卓らの作品に出演している。トヨタコレオグラフィーアワード2012にてオーディエンス賞、横浜ダンスコレクション2018 コンペティションⅠ ベストダンサー賞を受賞。ニューヨーク・ダンス&パフォーマンス・アワード「ベッシー賞2020」ノミネート。

リンク

関連する画像