「かながわ短編演劇アワード2020」戯曲コンペ、大賞は大竹竜平「瞬きのカロリー」

41

「かながわ短編演劇アワード2020」の「戯曲コンペティション」公開審査会が本日3月20日に行われ、かながわ短編戯曲賞2020の大賞に大竹竜平「瞬きのカロリー」が選ばれた。

「かながわ短編演劇アワード2020」「戯曲コンペティション」より、矢内原美邦からトロフィーを受け取る大竹竜平。

「かながわ短編演劇アワード2020」「戯曲コンペティション」より、矢内原美邦からトロフィーを受け取る大竹竜平。

大きなサイズで見る(全6件)

大竹竜平(中央)。

大竹竜平(中央)。[拡大]

「かながわ短編演劇アワード2020」「戯曲コンペティション」公開審査会の様子。

「かながわ短編演劇アワード2020」「戯曲コンペティション」公開審査会の様子。[拡大]

無観客のライブ配信で実施された審査会では、司会を松井周が務め、市原佐都子北川陽子瀬戸山美咲矢内原美邦の4名が審査員として登壇。最終候補作品には受賞作に加え、伊東翼「バナナの皮悲劇」、大塚健太郎「ソネット」、田中瑞穂「声のある声」、三橋亮太「新津々浦駅・北口3番バスのりば」、山内晶「マイアポカリプス」の計6作品が選出されており、大賞を受賞した大竹には賞金20万円とトロフィーが贈られた。

なお3月22日には「演劇コンペティション」が行われる予定で、ノミネートされた7団体が短編演劇作品を披露し、その中からグランプリと観客賞を決定する。出演団体には安住の地、架空畳、くによし組、ジョン・スミスと探る演劇、シラカンスペースノットブランクモメラスが名を連ね、審査員は岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗徳永京子、林香菜が担当する。公演と審査の模様は「戯曲コンペティション」同様、無観客のライブ配信で公開される。

この記事の画像(全6件)

「かながわ短編演劇アワード2020」

「戯曲コンペティション」

公開審査会及び表彰
2020年3月20日(金・祝)18:30~20:30 ※終了

審査員:市原佐都子北川陽子瀬戸山美咲矢内原美邦

ノミネート作品(五十音順)
伊東翼「バナナの皮悲劇」
大竹竜平「瞬きのカロリー」
大塚健太郎「ソネット」
田中瑞穂「声のある声」
三橋亮太「新津々浦駅・北口3番バスのりば」
山内晶「マイアポカリプス」

「演劇コンペティション」

作品上演、公開審査会及び表彰
2020年3月22日(日)12:00~19:00

審査員:岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗徳永京子、林香菜
出場団体(五十音順):安住の地、架空畳、くによし組、ジョン・スミスと探る演劇、シラカンスペースノットブランクモメラス

全文を表示

関連記事

大竹竜平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 大竹竜平 / 伊東翼 / 三橋亮太 / 山内晶 / 市原佐都子 / 北川陽子 / 瀬戸山美咲 / 矢内原美邦 / 松井周 / スペースノットブランク の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします