ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「第7回せんだい短編戯曲賞」募集が3月にスタート、今年から隔年開催

63

せんだい短編戯曲賞×劇団 短距離男道ミサイル「SENDAI SHORT STORIES」より大竹竜平作「God Bless You.」(撮影:佐々木隆二)

せんだい短編戯曲賞×劇団 短距離男道ミサイル「SENDAI SHORT STORIES」より大竹竜平作「God Bless You.」(撮影:佐々木隆二)

「第7回せんだい短編戯曲賞」の戯曲募集が、3月1日から31日まで受け付けられる。

公益財団法人仙台市市民文化事業団・仙台市が主催する「せんだい短編戯曲賞」は、上演時間がおおむね60分以内の短編戯曲を募集する戯曲賞。受賞作品は、日本各地の制作者 / プロデューサーで構成された5名の選考委員により決定され、大賞受賞者には総額50万円の賞金が贈られるほか、大賞作品を含む最終候補作品が1冊の戯曲集として出版される。過去には横山拓也綾門優季柳生二千翔藤井颯太郎大竹竜平ピンク地底人3号らが受賞しており、昨年10月には「せんだい短編戯曲賞」受賞経験がある作家の作品を、仙台を拠点に活動する劇団 短距離男道ミサイルが連続上演する企画が開催された。

募集要項は公式サイトで確認を。1次審査は7月、大賞作品の発表は10月にウェブサイト等で行われる。なお今回より募集が隔年になり、第8回の募集は2022年を予定している。

ステージナタリーをフォロー