「かながわ短編演劇アワード」演劇コンペ、グランプリはモメラス「28時01分」

215

「かながわ短編演劇アワード2020」より、「演劇コンペティション」の公開審査会が本日3月22日に行われ、モメラス「28時01分」がグランプリを獲得した。

モメラス「28時01分」の作・演出を手がけた松村翔子(右)。

モメラス「28時01分」の作・演出を手がけた松村翔子(右)。

大きなサイズで見る(全8件)

モメラス「28時01分」より。

モメラス「28時01分」より。[拡大]

「演劇コンペティション」にはモメラスのほか、安住の地、架空畳、くによし組、ジョン・スミスと探る演劇、シラカンスペースノットブランクが参加し、岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗徳永京子、林香菜が審査員を務めた。グランプリに輝いたモメラスには、賞金100万円と、神奈川・神奈川県立青少年センター スタジオHIKARIにおける上演権が贈与される。なお、22世紀飛翔枠として出場予定だった神奈川大学附属高等学校演劇部は、全校休学のため出場を辞退した。

「かながわ短編演劇アワード2020」より、「演劇コンペティション」の様子。

「かながわ短編演劇アワード2020」より、「演劇コンペティション」の様子。[拡大]

「かながわマグカル演劇フェスティバル2020」の一環として行われた「かながわ短編演劇アワード2020」は、「演劇コンペティション」と「戯曲コンペティション」の2つから成る企画。同アワードは、3月20日から22日にかけて神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、日程を変更して20日と22日に無観客開催され、その模様がライブ配信された。なお20日に実施された「戯曲コンペティション」では、大竹竜平「瞬きのカロリー」が大賞を獲得している。

この記事の画像(全8件)

「かながわ短編演劇アワード2020」

「戯曲コンペティション」

公開審査会及び表彰
2020年3月20日(金・祝)18:30~20:30 ※終了

審査員:市原佐都子、北川陽子、瀬戸山美咲、矢内原美邦

ノミネート作品(五十音順)
伊東翼「バナナの皮悲劇」
大竹竜平「瞬きのカロリー」
大塚健太郎「ソネット」
田中瑞穂「声のある声」
三橋亮太「新津々浦駅・北口3番バスのりば」
山内晶「マイアポカリプス」

「演劇コンペティション」

作品上演、公開審査会及び表彰
2020年3月22日(日)12:00~19:00 ※終了

審査員:岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗徳永京子、林香菜
出場団体(五十音順):安住の地、架空畳、くによし組、ジョン・スミスと探る演劇、シラカンスペースノットブランクモメラス

全文を表示

関連記事

モメラスのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 モメラス / 松村翔子 / 安住の地 / くによし組 / シラカン / スペースノットブランク / 岡田利規 / スズキ拓朗 / 徳永京子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします