市原佐都子

市原佐都子

イチハラサトコ

1988年、大阪府生まれ、福岡県育ち。劇作家・演出家・小説家・城崎国際アートセンター芸術監督。桜美林大学にて演劇を学び、2011年にQを始動。2011年、戯曲「虫」にて第11回AAF戯曲賞受賞。2017年「毛美子不毛話」が第61回岸田國士戯曲賞最終候補となる。2019年に初の小説集「マミトの天使」を出版。同年「バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌」をあいちトリエンナーレにて初演。同作にて第64回岸田國士戯曲賞受賞。