ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

切実なテーマ孕んだ“必要な演劇”、ニコラス・ビヨンの2作品上演企画がスタート

68

「隣の家-THE NEIGHBOURS」より。(撮影:坂内太)

「隣の家-THE NEIGHBOURS」より。(撮影:坂内太)

名取事務所公演「隣の家-THE NEIGHBOURS」「屠殺人 ブッチャー」が、10月17日で開幕した。

本企画は、名取事務所がカナダの劇作家ニコラス・ビヨンの2作品を、回替わりで上演するもの。小笠原響が演出を手がける「隣の家-THE NEIGHBOURS」では、隣人の秘密を知ってしまったある夫婦の物語が描かれる。警察署に運び込まれた老人の身元を巡る「屠殺人 ブッチャー」は、2017年に小笠原の演出により上演され、第25回読売演劇大賞優秀作品賞・優秀男優賞・優秀女優賞・優秀演出家賞の4部門を受賞した作品。今回、扇田拓也による新演出で上演される。

開幕に際し、小笠原は「もしあなたの隣の家で幼女が12年も間監禁されてたらどうなるか……お隣の事件が平凡に暮らしていた家族を巻き込んでゆきます。アメリカで起こった実話を元に、家族愛・隣人愛を世界に問うこの秋一番の話題作。お見逃しなく!」と来場を呼びかけ、扇田は「サスペンス劇としての魅力もさることながら、この『屠殺人 ブッチャー』という作品には、現代人に強く訴えかけてくる切実なテーマがあります。心温まる演劇ではないかも知れません。ですが必要な演劇だと思います。是非とも劇場にて体験してください」とコメントした。上演時間はそれぞれ1時間30分。公演は10月29日まで。

小笠原響コメント

2年前、読売演劇大賞4部門受賞し日本でも注目のカナダ劇作家、ニコラス・ビヨンの最新作です。もしあなたの隣の家で幼女が12年も間監禁されてたらどうなるか……お隣の事件が平凡に暮らしていた家族を巻き込んでゆきます。アメリカで起こった実話を元に、家族愛・隣人愛を世界に問うこの秋一番の話題作。お見逃しなく!

扇田拓也コメント

ニコラス・ビヨンの戯曲には、演劇的な仕掛けが、実に見事に盛り込まれています。その巧みな物語の波に、きっとあっという間に飲み込まれてしまうことでしょう。サスペンス劇としての魅力もさることながら、この「屠殺人 ブッチャー」という作品には、現代人に強く訴えかけてくる切実なテーマがあります。心温まる演劇ではないかも知れません。ですが必要な演劇だと思います。是非とも劇場にて体験してください。

名取事務所公演 現代カナダ演劇 ニコラス・ビヨン 2作品上演「隣の家-THE NEIGHBOURS」「屠殺人 ブッチャー」

2019年10月17日(木)~29日(火)
東京都 「劇」小劇場

作:ニコラス・ビヨン
翻訳:吉原豊司

「隣の家-THE NEIGHBOURS」

演出:小笠原響
出演:吉見一豊森尾舞藤田宗久

「屠殺人 ブッチャー」

演出:扇田拓也
出演:西山聖了、渋谷はるか、高山春夫、斉藤淳

※高山春夫の「高」ははしごだかが正式表記。

ステージナタリーをフォロー