ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

大賞の宮沢りえ「賞の重さと歴史を感じる」第25回読売演劇大賞贈呈式

1515

第25回読売演劇大賞贈呈式の様子。

第25回読売演劇大賞贈呈式の様子。

第25回読売演劇大賞の贈呈式が、昨日2月28日に東京・帝国ホテルで行われた。

大賞、最優秀女優賞を受賞したのは「足跡姫 ~時代錯誤冬幽霊~」(あしあとひめ ときあやまってふゆのゆうれい)「クヒオ大佐の妻」「ワーニャ伯父さん」に出演した宮沢りえ。最優秀作品賞には世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」、最優秀男優賞には「謎の変奏曲」に出演した橋爪功、最優秀演出家賞には二兎社「ザ・空気」の永井愛、最優秀スタッフ賞にはイキウメ「天の敵」「散歩する侵略者」の美術を担当した土岐研一が輝いた。また杉村春子賞をシライケイタ、芸術栄誉賞を仲代達矢、選考委員特別賞を「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」が受賞。受賞者には、正賞として彫刻家・佐藤忠良制作のブロンズ像「蒼穹」、副賞として大賞・最優秀スタッフ賞に200万円、ほかの最優秀者ならびに杉村春子賞、芸術栄誉賞、選考委員特別賞の獲得者には100万円が贈与された。

杉村春子賞を受賞したシライは「普段100人足らずの劇場で活動している身として、小劇場でも真摯に作品を作り続けていれば、評価していただけるんだなと。また、“おじさん”でも新人賞をいただけるということに大きな勇気をいただきました」と感慨深げな様子。受賞作である「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「袴垂れはどこだ」を回想しつつ「どちらの稽古場も、とりわけ激しく俳優さんとぶつかり合ったんです。幕が開かないかもしれないという絶望を乗り越えられたのは対話の力でした」と語った。

選考委員特別賞を受賞した「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」からは堀義貴ホリプロ代表取締役社長が登壇。堀氏は「2001年に映画『リトル・ダンサー』を観て感動し、その翌年エルトン・ジョン作曲のミュージカルが始まると知り、すぐプロデューサーをロンドンへ向かわせました。実際に観て、悔しくなるほどすごい舞台だと思い『どうしても日本でやりたい』と申し出たところ、一度は断られまして。巡りめぐって上演できることになり、準備期間含め2年をかけてオーディションで子供たちを選びました。(ビリー役は)一定の身長を超えたり、声変わりしたらやってはいけないという条件がありました。当初は赤字も覚悟しましたが、4カ月間で16万人を動員しました。多くの方に評価していただき誇らしく思います」と語った。またビリー役を演じた加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、山城力が登場(未来和樹は欠席)し、順に挨拶した。堀は「新たにビリー役を探すところから始めるのは大変ですが、ぜひ再演したいと思います」と宣言した。

読売演劇大賞では、各賞の最優秀賞を前年受賞した人物が、翌年の同賞プレゼンターを務める。演出家賞のプレゼンターとして登壇したケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)は「毎度毎度、休憩時間のような挨拶をしてしまい大変申し訳ありません」と会場を笑いで包みながら、「演出家はほかの演出家がどんな演出をしているのかわかりません。稽古場に行かないので、どういう演出がなされて、作品が出来上がったのかはまったくわからないんです」と述べ、「蜷川幸雄さんが亡くなられて1年以上経ちましたが、未だにその影響の大きさを感じます。残された我々も演出家としてがんばっていきたい。私も昔は(賞に)縁がないと思っていました。『何が読売演劇大賞だ!』と思ってると、意外と取れます。それがコツです」とジョークを交えながら挨拶した。

最優秀演出家賞を受賞した永井は「成果を私が独り占めして申し訳なく思います」とコメントしつつ、作・演出を手がけた「ザ・空気」の関係者に謝辞を述べる。「この作品の原動力となったのは、圧力に抗い、知らせるべきことを知らせようと日々励んでいる報道関係者の方々です。決して多数とは言えないこの方たちの存在が、作品を最後まで支えてくれました」と明かし、受賞について「次回作への大変な励みになりました」と笑顔を送った。

最優秀スタッフ賞の土岐は「この受賞に恥じぬよう、これからも一層の努力を重ねていきたいと思っています。これまでご指導をくださった方々、共に作品を作ってきた方たちの演劇に対する情熱がなければ今の自分はなかったと思います。思い切った挑戦をこれからも続けていきたいです。最後に、長きにわたってホームグラウンドという場所を与えてくださったイキウメという団体に、この場を借りてお礼を言いたいです。ありがとう!」と感謝の意を表した。

男優賞プレゼンターを務める中川晃教は「たくさんの方々の熱、思いがあってステージに立つことができているんだなと初心に返った気持ちです」と挨拶。最優秀男優賞を受賞した橋爪は「年甲斐もなく感動しております」と語り始め、「最近、人と話しても3歩歩いたらすべて忘れてしまう。記憶がだんだん薄れて、いろんなことを覚えないようになったと申しますか、本来ならばここで、いろんな方の名前を挙げてお礼を申し挙げたいのですが、ほとんど名前が出てこない……忘れてはならないのは演出家の森新太郎と、共演してくださった井上芳雄くんの2人です。そこまでは覚えています」と笑いを誘う。また「この作品は二人芝居で、最初は乗り気じゃなかったんです」と告白し、「家内が最後までお尻をひっぱたいてくれました。これ一度言ってみたかったんですけど、ありがとう!」と愛妻に感謝の言葉を投げかけた。

最優秀作品賞を受賞した世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」からは、演出・出演の野村萬斎が代表として登壇。作品について野村は「私は世田谷パブリックシアターで仕事するとき着物を着ないようにしてるんです。今回は作品が作品だけに、あえて着物にさせていただきました。先ほどKERAさんから蜷川さんのお話も出ましたが、思えば蜷川さんとギリシャ悲劇をやったなとか、ロンドンで『ハムレット』をやったなとか、経験を生かさせてもらったなと。群読という特殊な技術を大きく飛躍させてくださったキャストの皆さん、スタッフも一丸となったこの作品で作品賞をいただけることを晴れがましく思っております」と明るい声で語った。

芸術栄誉賞を受賞した仲代は「70年近い俳優人生、どうにか現役でこられたのも、素晴らしい演出家、共演者のおかげ。亡くなった女房と一緒に無名塾という俳優の私塾を40年前に作り、若者たちと芝居をやってきました。次世代の役者たちに感謝しております」とコメントする。仲代が「私も85歳を過ぎました。もうそろそろかな……と思っておりますが、こんなに素晴らしい賞をいただいたので、もう少しがんばっていきたいと思います」と宣言すると、会場は大きな拍手に包まれた。

女優賞プレゼンターの鈴木杏は「大賞・最優秀女優賞の宮沢りえさんとは、ご縁があり4度ほどご一緒させていただき、りえさんからは“ストーカー”と呼ばれているんですけれども(笑)、お会いするたびに人を惹きつけて離さない力が増していて『もしかして、りえさんは魔女なのかな? 』と思っていたんですが、先ほど、大賞を受賞された歴代の女優さんのお名前(杉村春子、黒柳徹子、森光子、大竹しのぶ)を聞いて、『ああ、やっぱり魔女なんだな』と確信いたしました。これは本当に褒め言葉です!」とフォローを入れつつ挨拶する。

大賞と最優秀女優賞を獲得した宮沢は、背中の大きく開いたドレスを身にまとって登場すると「緊張してます。素晴らしい先輩たちを差し置いてあの席に座っている居心地の悪さといったら……」と心情を吐露する。女優人生を振り返り「野田秀樹さんの『透明人間の蒸気』に出演してから15年が経ちました。登るのに爪が剥がれるんじゃないかというくらい高すぎるハードルを与えてくださった共演者の方、ダメ出しばかりでちっとも褒めてくれない演出家の方たちのおかげで、私は今ここにいるんだと思います。この賞の重さと歴史を感じます」と受賞の余韻を噛みしめる。

宮沢は「蜷川さんがある稽古場で、ある役者さんに『自分をもっと疑えよ! なんでもっと自分を疑わないんだ!』と叱咤されていて、その言葉が私の中ですごく響きました。役に向き合って、その人間を生きるために『本当にこの自分でいいのかな?』と疑い続けることは、誠実さにも繋がります」とエピソードを明かす。最後に「これからも表現者として、ひたむきに参りたいと思います。本当にありがとうございました」と締めくくると、会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

第25回読売演劇大賞

大賞・最優秀女優賞

宮沢りえ「足跡姫 ~時代錯誤冬幽霊~」(あしあとひめ ときあやまってふゆのゆうれい)「クヒオ大佐の妻」「ワーニャ伯父さん」

最優秀作品賞

世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」

最優秀男優賞

橋爪功「謎の変奏曲」

最優秀演出家賞

永井愛「ザ・空気」

最優秀スタッフ賞

土岐研一「天の敵」「散歩する侵略者」の美術

杉村春子賞

シライケイタ「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「袴垂れはどこだ」

芸術栄誉賞

仲代達矢

選考委員特別賞

ホリプロ「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」

優秀作品賞
二兎社「ザ・空気」
ウォーキング・スタッフ プロデュース「怪人21面相」
名取事務所「屠殺人 ブッチャー」

優秀男優賞
市村正親「紳士のための愛と殺人の手引き」「NINAGAWA・マクベス」
佐川和正「食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~」「ベルリンの東」
佐藤誓「蝉の詩」「風紋 ~青のはて 2017~」
中村雀右衛門「妹背山婦女庭訓」「奥州安達原」

優秀女優賞
新橋耐子「食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~」
藤井由紀「動物園が消える日」
森尾舞「屠殺人 ブッチャー」「ベルリンの東」
若村麻由美「ザ・空気」「子午線の祀り」

優秀演出家賞
小笠原響「白い花を隠す」「屠殺人 ブッチャー」
小山ゆうな「チック」
日澤雄介「幻の国」「あの記憶の記録」
和田憲明「怪人21面相」

優秀スタッフ賞
鎌田朋子「60'sエレジー」「熱狂」「あの記憶の記録」の美術
塵芥「蝉の詩」「標~shirube~」の美術
乘峯雅寛「チック」「喝采」の美術
前田文子「ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』」の衣装

ステージナタリーをフォロー