ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

名取事務所のパレスチナ演劇上演シリーズで、生田みゆきが2作演出

43

名取事務所公演「帽子と預言者」「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」が2月20日から3月1日に東京都・「劇」小劇場にて上演される。

本公演は、名取事務所が取り組む、パレスチナ演劇上演シリーズの作品。パレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの戯曲「帽子と預言者」と、パレスチナ自治区ラマッラー在住の弁護士兼作家ラジャ・シャハデの戯曲「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」を2本立てで上演する。演出を、文学座の生田みゆきが手がける。

名取事務所公演 パレスチナ演劇上演シリーズ「帽子と預言者」「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」

2020年2月20日(木)~3月1日(日)
東京都 「劇」小劇場

「帽子と預言者」

作:ガッサーン・カナファーニー
翻訳:渡辺真帆
演出:生田みゆき
出演:内藤裕志山口眞司、森岡正次郎、滝沢花野、橋本千佳子、杉林健生、深堀啓太朗

「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」

作:ラジャ・シャハデ
脚色:デヴィッド・グレイグ
翻訳:吉原豊司
演出:生田みゆき
出演:田代隆秀

ステージナタリーをフォロー