ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

南村千里「光の音:影の音」に伊藤キム、捩子ぴじん、Aokid

18

「光の音:影の音 ―耳だけで聞くものなのか―」が、12月7日から9日まで東京・あうるすぽっとで上演される。

本作はイギリス・ロンドンを拠点に活動するダンスアーティストの南村千里がディレクターを務める新作。“ろう者でもある南村が感じる音”と、“聞こえる人が感じる音”ではどこが同じで、どこが違うのか。そして“聞こえない音”は、どのように表現できるのかを軸に作品を発表する。

本作では、南村と共に伊藤キム捩子ぴじんAokidがワークショップを重ね、舞台を彩るアイテムとして手話や字幕を用いたパフォーマンスを上演。なお本作は「東京芸術祭2018」の「としま国際アート・カルチャー都市発信プログラム」にラインナップされている。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「光の音:影の音 ―耳だけで聞くものなのか―」

2018年12月7日(金)~9日(日)
東京都 あうるすぽっと

アーティスティック・ディレクター:南村千里
出演:伊藤キム捩子ぴじんAokid ほか

ステージナタリーをフォロー