ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ニットキャップシアターが「男亡者」&「女亡者」2本立てで3都市公演

24

「男亡者の泣きぬるところ」より。

「男亡者の泣きぬるところ」より。

ニットキャップシアター「男亡者の泣きぬるところ / 女亡者の泣きぬるところ」が、6月1日から3日まで大阪・イロリムラ プチホール、6月12日から14日まで福岡・リノベーションミュージアム冷泉荘、そして2019年3月27日から31日まで東京・こまばアゴラ劇場で上演される。

これは、ごまのはえが作・演出を手がける二人芝居2本を連続上演する公演。2004年に初演され、17年に新キャスト版として上演された「男亡者の泣きぬるところ」は、エレベーターに閉じ込められた2人の男の秘密が次々と明らかになるコメディ作品で、門脇俊輔と澤村喜一郎が出演する。

一方、17年に初演された「女亡者の泣きぬるところ」は、バツイチの30代女性と、自殺の請負屋をしている30代女性という“なんとか幸せになろうともがく女たち”が織りなす物語。こちらには高原綾子と仲谷萌が出演する。上演時間は2作品合わせて約2時間を予定。

ニットキャップシアター「男亡者の泣きぬるところ / 女亡者の泣きぬるところ」

2018年6月1日(金)~3日(日)
大阪府 イロリムラ プチホール

2018年6月12日(火)~14日(木)
福岡県 リノベーションミュージアム冷泉荘

2019年3月27日(水)~31日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:ごまのはえ

「男亡者の泣きぬるところ」

出演:門脇俊輔、澤村喜一郎

「女亡者の泣きぬるところ」

出演:高原綾子、仲谷萌

ステージナタリーをフォロー