ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ふじのくに→せかい演劇祭2018」開幕、新緑の中で演じられる「寿歌」ほか

174

「寿歌」より。(撮影:平尾正志)

「寿歌」より。(撮影:平尾正志)

「ふじのくに→せかい演劇祭2018」が4月28日に開幕した。

28日には宮城聰演出「寿歌」、クロード・レジ演出「夢と錯乱」、ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ演出の「リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~」が上演され、演劇祭の開幕を飾った。

「ふじのくに→せかい演劇祭」は、「ふじのくに(静岡県)と世界は演劇を通じてダイレクトに繋がっている」というコンセプトのもと、静岡で毎年開催されている舞台芸術イベント。今年2018年は上記3作品のほか、トーマス・オスターマイアー演出「民衆の敵」、宮城演出「マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~」、アラン・ルシアン・オイエン演出・振付「シミュレイクラム/私の幻影」、レイチェル・マザ演出「ジャック・チャールズ vs 王冠」、ダミアン・セルバンテス作・演出「大女優になるのに必要なのは偉大な台本と成功する意志だけ」の5作品が上演される。

さらに例年行われている路上パフォーマンス「ストレンジシード」や、シンポジウム「広場トーク」、お茶摘み、「みんなのnedocoプロジェクト」「フェスティバルbar / フェスティバルgarden」などの関連企画も開催される。「ふじのくに→せかい演劇祭2018」は5月6日まで。

※「ふじのくに→せかい演劇祭2018」の→は相互矢印が正式表記。

「ふじのくに→せかい演劇祭2018」

2018年4月28日(土)~5月6日(日)
静岡県 静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園 ほか

「マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~」

2018年5月3日(木・祝)~6日(日)
静岡県 駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場

台本:久保田梓美
演出:宮城聰
音楽:棚川寛子
空間構成:木津潤平
出演:SPAC

「寿歌」

2018年4月28日(土)・30日(月・振休)
静岡県 舞台芸術公園 野外劇場「有度」

作:北村想
演出:宮城聰
出演:SPAC(奥野晃士、春日井一平、たきいみき)

「民衆の敵」

2018年4月29日(日・祝)・30日(月・振休)
静岡県 静岡芸術劇場

作:ヘンリック・イプセン
演出:トーマス・オスターマイアー
出演:クリストフ・ガヴェンダ、コンラート・ジンガー、エファ・メクバッハ、レナート・シュッフ、ダーヴィト・ルーラント、モーリッツ・ゴットヴァルト、トーマス・バーディンク

「夢と錯乱」

2018年4月28日(土)~30日(月・振休)
静岡県 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

作:ゲオルク・トラークル
演出:クロード・レジ
出演:ヤン・ブードー

「リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~」

2018年4月28日(土)~30日(月・振休)
静岡県 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ
出演:ジャン・ランベール=ヴィルド、ロール・ヴォルフ

「シミュレイクラム/私の幻影」

2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)
静岡県 静岡芸術劇場

演出・振付:アラン・ルシアン・オイエン
歌舞伎舞踊振付・音楽「Natsue」:藤間勘十郎
出演・振付:小島章司、ダニエル・プロイエット

「ジャック・チャールズ vs 王冠」

2018年5月6日(日)
静岡県 静岡芸術劇場

作:ジャック・チャールズ、ジョン・ロメリル
演出:レイチェル・マザ
出演:ジャック・チャールズ ほか

「大女優になるのに必要なのは偉大な台本と成功する意志だけ」

2018年5月4日(金・祝)~6日(日)
静岡県 レストランフランセ 3F

作・演出:ダミアン・セルバンテス
出演:ディアナ・マガジョン、マリ・カルメン・ルイス

※「ふじのくに→せかい演劇祭2018」の→は相互矢印が正式表記。

ステージナタリーをフォロー