BiSH、ナタリーの配信イベント「マツリー」で「ヒーローワナビー」含むレア曲披露

2938

BiSHがナタリーによるオンラインイベント「マツリー」内の企画ライブ「BiSH LiVE」に出演した。

BiSH

BiSH

大きなサイズで見る(全55件)

BiSH

BiSH[拡大]

「マツリー」はニュースサイト・ナタリーが企画するオンラインイベント。このイベント内の企画「マツリー BiSH LiVEで観たい楽曲&衣装 選挙」では、ユーザーがBiSHの全レパートリーから「マツリー」でそのパフォーマンスを観たい楽曲とメンバーに着てほしい衣装の投票が実施され、その結果が当日のステージに反映された。事前投票で上位5位にランクインしたのは「ヒーローワナビー」「スーパーヒーローミュージック」「オーケストラ」「Story Brighter」「beautifulさ」の5曲で、そのほかの楽曲を含む「BiSH LiVE」のセットリストはセントチヒロ・チッチ考案によるもの。チッチはこのセトリについて「『マツリー』はお祭りってことで、『あ! 来たー!』って思ってもらえるような特別感のあるセットリストにしました。2曲目にBiSHの中で一番お祭りっぽい空気が出る曲『社会のルール』を入れて、ここから一気にテンションをぶち上げていくつもりで、私の好きな曲を含め、いろいろ盛り込んでみました」と終演後に語った。

BiSH

BiSH[拡大]

BiSH

BiSH[拡大]

BiSHは衣装投票で1位に選ばれた2017年発表「プロミスザスター」の衣装でステージに登場。投票で選ばれた楽曲「Story Brighter」でライブ開演の狼煙を上げた。アッパーチューン「社会のルール」ではハシヤスメ・アツコが「さあさあ皆さんどうもBiSHです! 『マツリー』始まりましたよー!」と宣言。クレーンを含む多数のカメラがBiSHのパフォーマンスやさまざまな表情をつぶさに捉える。そんな中で2021年一発目となったBiSHのライブは進行し、アユニ・D作詞によるポジティブなメッセージが込められた2020年発表の「スーパーヒーローミュージック」、モモコグミカンパニー作詞の2015年発表曲「ぴらぴろ」と新旧のアッパーなロックチューンが矢継ぎ早に披露された。

BiSH

BiSH[拡大]

MCではチッチが「この衣装は清掃員(BiSHファンの呼称)のみんなが一番観たいと言ってくれた衣装なんです」と話し、「なんの曲だっけ?」とメンバーにトークを振ると、アイナ・ジ・エンドは変顔をしながら声を低くして「僕、わかる! 僕の一番好きな曲『プロミスザスター』」とおどけ、メンバーと笑い合った。そんなやり取りのあと、BiSHはファンに愛され続ける2017年発表の「プロミスザスター」を披露。MCでのムードとは打って変わってシリアスな表情を見せ、気持ちのこもった力強い歌と踊りを繰り出した。

アイナ・ジ・エンド(下)に覆い被さるリンリン(上)。

アイナ・ジ・エンド(下)に覆い被さるリンリン(上)。[拡大]

抱き合うリンリンとアイナ・ジ・エンド。

抱き合うリンリンとアイナ・ジ・エンド。[拡大]

BiSH

BiSH[拡大]

BiSHはさらに青春時代のもどかしい思いを歌う「SCHOOLYARD」、怒りにも近い感情を吐き捨てるようにまくしたてる「FiNALLY」、過去の絶望をテーマにしたコアなナンバー「spare of despair」と次々に楽曲を披露。チッチは「今日やりたいなと思うレアな曲、伝えたい曲を詰め込みました」とセットリストについて言及し、昨年発表の「スーパーヒーローミュージック」が投票で2位だったことも明かした。そして「今日はお祭りなんでね! じゃあ皆さん、いつものやつをやってみようかな?」と述べ、「いくぞー!」と気合い入れ。ほかのメンバーが清掃員の思いを代弁するかのように「おー!」と呼応し、代表曲「BiSH-星が瞬く夜に-」を投下。ヘッドバンギングをするメンバーの姿をローアングルでカメラが捉え、迫力ある映像が視聴者に届けられたほか、今年の干支である丑年にちなんで、アユニやチッチが牛のポーズを取ってカメラにアピールしていると、ハシヤスメが突然チッチの乳搾りをして飲み干す仕草をするなどコミカルな動きを見せる。ユーモアを交えつつのウィットに富んだライブが繰り広げられた。

「オーケストラ」のサビを熱唱するアイナ・ジ・エンド(右)。

「オーケストラ」のサビを熱唱するアイナ・ジ・エンド(右)。[拡大]

BiSH

BiSH[拡大]

ライブ後半、BiSHはメンバー全員でサビパートを歌いつなぐ「co」に続いて、不動の名曲「オーケストラ」をパフォーマンス。メンバー同士で抱き合い、寄り添うアイナ考案の振り付け、感情を込めて歌う1人ひとりの表情が映し出された。続いて「年が明けて、風に乗って、時代は変わっていっても、私たちはずっとあなた方が大好きです! また会える日まで」というチッチの言葉とともに始まったのは、リンリン作詞の「beautifulさ」。「どんなとげとげな日でも 息してれば 明日は来るんだし」と前向きなメッセージを笑顔で届けた。そしてBiSHは「最後は投票1位に輝いたこの曲を。またどこかで会いましょう」という言葉のあとにラストナンバーとして「ヒーローワナビー」を披露し、「マツリー」でのライブを締めくくった。

この記事の画像(全55件)

「マツリー BiSH LiVE」セットリスト

01. Story Brighter
02. 社会のルール
03. スーパーヒーローミュージック
04. ぴらぴろ
05. プロミスザスター
06. SCHOOLYARD
07. FiNALLY
08. spare of despair
09. BiSH-星が瞬く夜に-
10. co
11. オーケストラ
12. beautifulさ
13. ヒーローワナビー

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

BiSHのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiSH の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。