音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

強烈ラインナップが熱演!雨を吹き飛ばした「LUNATIC FEST.」初日

3112

「LUNATIC FEST. 2018」初日公演のセッションの様子。

「LUNATIC FEST. 2018」初日公演のセッションの様子。

LUNA SEAによる音楽フェス「LUNATIC FEST. 2018」が、6月23、24日に千葉・幕張メッセ国際展示場1~5ホールで開催された。

2015年にバンド結成25周年のファイナルイベントとして行われ、今年が2回目の開催となった「LUNATIC FEST.」。今回もジャンルを問わずさまざまなアーティストが集結し、「MOON STAGE」「MOTHER STAGE」の2ステージで熱演を繰り広げた。この記事ではGLAYback numberACE OF SPADESらが出演した初日公演の模様をレポートする。

LUNACY~coldrain~女王蜂~The BONEZ

オープニングアクトでは、前回同様にLUNA SEAが結成当初のLUNACY名義でステージに。LUNA SEAとは異なる衣装やメイクで現れた彼らが初期ナンバー「SHADE」「SYMPTOM」を披露すると、会場に歓喜の声が飛び交った。そしてRYUICHI(Vo)が「今日は思いっきり楽しんで帰ってくれよ!」と呼びかけ、披露したのはCD音源化されていないレアなナンバー「NIGHTMARE」。驚きどよめくオーディエンスを前に、5人は貴重なパフォーマンスを繰り広げた。

「暴れていこうか! ルナフェス!」という絶叫と共に「To Be Alive」で勢いよくライブをスタートさせたのはcoldrain。前回に続いての出演となった彼らは、楽しそうに笑顔を見せながら「ENVY」「24-7」といったナンバーを熱くプレイした。Masato(Vo)は「胸を張って言います! 連続出演です。呼ばれた時点で俺らの勝ちです!」と喜びを全開に。その後も「No Escape」などをエモーショナルに届け、場内の温度を一層引き上げた。

女王蜂のライブはダンサブルな「金星」「ヴィーナス」で幕を開け、フロア前方では多数のジュリ扇がひらひらと揺れた。アヴちゃん(Vo)は「スペシャルゲスト、Jちゃん!」と、昨年4月に同じ幕張メッセで行われた「THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017」でも“J王蜂”として共演したJ(B)をステージに呼び込み、「デスコ」をコラボレーション。やしちゃん(B)とのアグレッシブなツインベースで観客を沸かせた。

「Until you wake up」「Bird ~people with wings~」と疾走感に満ちた楽曲でライブを始めたのはThe BONEZ。観客の一体感を煽るパフォーマンスを次々と繰り出し、「Hey, You」では先程の女王蜂に続いてJをゲストに招いての圧巻の演奏を披露した。JESSE(Vo, G)は「俺らがいろんな音楽のリスナーと出会える機会を作ってくれて、ありがとうございます!」と「LUNATIC FEST.」への出演に笑顔で感謝を述べていた。

ACE OF SPADES~back number~GLIM SPANKY

続くACE OF SPADESは今回の「LUNATIC FEST.」が約2年ぶりのライブ。ステージに登場したTAKAHIRO(Vo / EXILE)は「大変お待たせしました!」と挨拶し、「WILD TRIBE」を熱唱した。中盤ではINORAN(G)がゲストとして登場し、HISASHI(G / GLAY)とのツインギターで「Louder」をパフォーマンス。強力なサウンドでオーディエンスを圧倒し、ラストは「SIN」をスリリングに聴かせたあと、「JUST LIKE HEAVEN」の壮大なサウンドで締めくくった。

「青い春」で演奏をスタートさせたback numberは、清水依与吏(Vo, G)が「踊ろうぜ!」と叫び、小島和也(B, Cho)がフロアを見渡しながら何度もジャンプして興奮を誘う。バラード「瞬き」では清水が情感豊かな歌声で観客を魅了。また本イベントに出演できた喜びを語った清水は、「もっといい“ボンド”に……」と言い間違いをする場面がありつつも、続けて「こういうところで噛まない、いいバンドになってまた帰ってきます!」とまっすぐな思いを伝えていた。

GLIM SPANKYは、まず松尾レミ(Vo, G)の野太い歌声が響く「アイスタンドアローン」を悠然と披露。MCでは松尾が「今、一番仲がいい人かも」とゲストとしてSUGIZO(G)を招き入れる。そして「愚か者たち」で松尾、SUGIZO、亀本寛貴(G)が並び、音圧のあるギターサウンドを響かせた。SUGIZOが「盛り上がれ!」と叫んでステージを去ったあと、GLIM SPANKYはラストに初期ナンバー「大人になったら」をエモーショナルに届けた。

シド~DIR EN GREY~GLAY

シドは「LUNA SEAの皆さんにリスペクトと感謝を込めて歌わせてもらいます」と前置きし、LUNA SEAの名曲「I for You」をカバー。楽曲の後半にRYUICHIがステージにゲスト出演すると、マオ(Vo)は彼と見つめ合いながらたおやかにこのナンバーを歌い上げた。RYUICHIが「結成15周年おめでとう!」とシドを祝福し去ったあとも、マオは「一生の思い出ができました!」と感慨深げな様子。その後も彼らは「夏恋」「one way」などをさわやかに届け、会場を盛り上げた。

最新シングル曲「人間を被る」でライブの口火を切ったDIR EN GREYは、鬼気迫る歌声と重厚なサウンドで会場を震撼させる。オーディエンスは固唾をのみ、メンバーの姿を見つめていた。間髪を入れずに彼らは「THE FINAL」や「VINUSHKA」といったナンバーを連投し、魂のこもったパフォーマンスを見せる。観客は生み出されていくバンドの世界観に最後まで深く浸っていた。

GLAYのステージには次々とゲストが登場し、この日ならではのスペシャルなステージが展開された。ACE OF SPADESで出演していたTAKAHIROを呼び込み、彼らが披露したのは「BELOVED」。TERU(Vo)とTAKAHIROは穏やかな眼差しで、息の合ったハーモニーを響かせた。「シン・ゾンビ」の途中にカバー曲を披露する"LEGEND SERIES"コーナーでセレクトされたのはLUNA SEAの初期ナンバー「FATE」。大盛り上がりの中、GLAYはその後もシドの明希(B)と「SHUTTER SPEEDSのテーマ」、さらにイベントに遊びに来ていたというNESMITH(EXILE、EXILE THE SECOND)と「彼女の"Modern…"」をコラボした。そしてTERUが「僕らの兄さん的な存在です!」と紹介し、ステージ袖から現れたのはSUGIZO。TERUが「今日は呼んでくれてありがとうございます!」と直接感謝を伝えると、SUGIZOは「こちらこそありがとう。マジで感動してるよ」と微笑み、「誘惑」を共にパフォーマンスした。

LUNA SEA

LUNA SEAのライブが始まる前、淳士(BULL ZEICHEN 88、SIAM SHADE)がドラムセットの前に登場。過去に真矢(Dr)のローディを経験していた彼は、2015年の「LUNATIC FEST.」と同様にサウンドチェックを兼ねてドラムプレイを披露した。そしていよいよLUNA SEAのライブがスタート。まばゆいばかりの照明がステージを包み込む中でまず「Hold You Down」が届けられた。続いてINORANがステージ前方に身を乗り出し、「TONIGHT」のギターリフを奏でると、観客は大興奮。その後、RYUICHI(Vo)は「外は雨だけど吹き飛ばしてやろう! いけるか!」と叫び、「Dejavu」を熱唱し、激しく盛り上がるファンに向けて、「幕張ー! お前たちの声を聞かせてくれ!」とさらに煽り、大歓声を巻き起こした。

「ルナフェスという大きなお祭りをみんなには心底楽しんでもらいたいです」というRYUICHIの言葉のあと、バンドは幻想的なアンサンブルの「gravity」を披露して観客を魅了。ステージに炎が揺らめく演出が用意された「闇火」に続き、5人は名曲「 I for You」を捧げるなど珠玉のセットリストを展開していった。バラードで場内に感動的なムードをもたらした彼らは、RYUICHIが「みんなご機嫌だね!」と呼びかけ、「やっぱりここを世界で……いや、宇宙で一番熱い場所に……。“これぞ幕張”ってノリを届けてほしいな! いけるか!」と声を上げてから、「DESIRE」「TIME IS DEAD」と人気曲を連投。「TIME IS DEAD」ではSUGIZOが床面から吹き出す強風を浴びながら体をのけ反らせてギターソロを奏でて、ファンの視線を釘付けにした。そしてラストスパートとばかりに投下されたキラーチューン「ROSIER」では、Jが間奏で勇ましくセリフを語るパートの最後に「行くぞ幕張!」と叫んでマイクスタンドを高く放り投げ、大歓声に包まれる中でSUGIZOがメロディアスなソロをプレイしてさらなる狂騒を誘った。そしてRYUICHIが「お前ら全員、かかってこい!」と叫び、真矢のカウントから「WISH」の演奏がスタート。銀テープ発射と同時に演奏が始まり、終盤に紙吹雪が乱舞するという華やかな演出もありつつ、ドラマチックな同曲でライブ本編を締めくくった。

アンコールではゲストにこの日の出演者を迎え、「BELIEVE」のセッションを展開したLUNA SEA。楽曲の前半パートでは淳士がドラムを担当し、師匠である真矢の前で鋭いビートを刻んだ。ギターソロではHISASHIが主旋律を奏で、SUGIZOが向かい合ってハーモニーを添えつつ、GLAYの「彼女の"Modern…"」のメロディを交える遊び心を見せた。さらにTERU、TAKAHIRO、マオという強力なゲストボーカルがRYUICHIと共に歌声を響かせ、4人並んでモニタに足をかけて歌うなど「LUNATIC FEST.」ならではとも言える豪華なセッションが続き、会場の興奮はピークに達した。TERUが「LUNA SEA最高!」と叫び、INORANがすぐさま「みんな最高!」と笑顔で返すというやり取りを経てゲストが退場し、LUNA SEAは最後に手をつないで万歳。感謝の気持ちを伝えてステージをあとにした。終演後、会場の外では降り続いた雨が上がっており、雲の切れ間に月が見え隠れしていた。

※記事初出時、一部曲名およびキャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「LUNATIC FEST. 2018」2018年6月23日 幕張メッセ国際展示場1~5ホール セットリスト

MOTHER STAGE

LUNACY
01. SHADE
02. SYMPTOM
03. NIGHTMARE

女王蜂
01. 金星
02. ヴィーナス
03. 売春
04. デスコ
05. HALF
06. 告げ口

ACE OF SPADES
01. WILD TRIBE
02. TIME FLIES
03. Looking for
04. Louder
05. SIN
06. JUST LIKE HEAVEN

GLIM SPANKY
01. アイスタンドアローン
02. END ROLL
03. 怒りをくれよ
04. 闇に目を凝らせば
05. 愚か者たち
06. 大人になったら

DIR EN GREY
01. 人間を被る
02. SUSTAIN THE UNTRUTH
03. THE FINAL
04. audience KILLER LOOP
05. 新曲
06. 孤独に死す、故に孤独。
07. VINUSHKA
08. 詩踏み

LUNA SEA
01. Hold You Down
02. TONIGHT
03. Dejavu
04. JESUS
05. Rouge
06. gravity
07. 闇火
08. I for You
09. DESIRE
10. TIME IS DEAD
11. ROSIER
12. WISH
<アンコール>
13. BELIEVE(Session)

MOON STAGE

coldrain
01. To Be Alive
02. ENVY
03. 24-7
04. Gone
05. No Escape
06. The Revelation

The BONEZ
01. Until you wake up
02. Bird ~people with wings~
03. Rude Boy
04. Hey, You
05. SUNTOWN
06. Thread & Needle

back number
01. 青い春
02. MOTTO
03. クリスマスソング
04. 瞬き
05. SISTER
06. 高嶺の花子さん

シド
01. 青
02. V.I.P
03. I for You(※LUNA SEAカバー)
04. 嘘
05. 夏恋
06. one way
07. 眩暈

GLAY
01. サバイバル
02. coyote,colored darkness
03. VERB
04. HOWEVER
05. BELOVED
06. シン・ゾンビ
07. COME ON!!
08. SHUTTER SPEEDSのテーマ
09. 彼女の"Modern…"
10. 誘惑
11. XYZ

写真提供:LUNATIC FEST. 2018

音楽ナタリーをフォロー