音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

KalafinaがKeikoと事務所の契約終了報告、WakanaとHikaruは音楽活動を継続

350

Kalafina。写真中央がKeiko。

Kalafina。写真中央がKeiko。

Kalafinaのオフィシャルサイトにて、4月1日をもってKeikoとスペースクラフトプロデュースとの契約が終了したことが発表された。

Keikoは「Kalafinaとして10年間、支えてくださった沢山の皆様、関係者の皆様がいてくださったからこそ、一歩一歩、丁寧に活動する事ができ、日本武道館に立つという夢が叶い、目標としてきた10周年を迎える事が出来ました」とこれまでの活動を振り返り、「一つの旅を終えたいま、皆様との歩みを心に留めながら、更に前へと進んで行けたらと思っております」とコメント。なお、WakanaとHikaruは引き続き音楽活動を継続する。

Kalafinaは、2008年にアニメ映画「劇場版 空の境界」の主題歌を歌うプロジェクトとして結成。結成10周年を迎えたことを記念して、先日ドキュメンタリー映画「Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~」が公開された。

音楽ナタリーをフォロー