音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「次はかすみ草よりも大きな花に」松井玲奈、SKE48を卒業

351

松井玲奈とチームEメンバーによる記念撮影の様子。 (c)AKS

松井玲奈とチームEメンバーによる記念撮影の様子。 (c)AKS

SKE48の松井玲奈が昨日8月31日に愛知・SKE48劇場で行われたチームE「手をつなぎながら」公演をもってグループを卒業した。

8月29、30日と愛知・豊田スタジアムで卒業コンサートを開催し、2日間で7万人以上のファンに見送られた松井。そんな彼女の最後の劇場公演は自身が所属するチームEメンバーとともに行われ、劇場周辺にはおよそ2000人のファンが彼女の最後の勇姿を見届けようとパブリックビューイングのモニター前に集結した。また開演前には会場に入れなかったファンのため、劇場が入ったSUNSHINE SAKAEビルの5階にある「SKE48 CAFE & SHOP」に松井がサプライズ登場。松井はファンに感謝の気持ちを直接伝えてから卒業公演に挑んだ。

松井はチームEメンバーとともに「手をつなぎながら」公演の演目を元気に披露。「Glory days」ではセンターではなくバックダンサーとして後輩を盛り立て、「雨のピアニスト」ではいつも以上に妖艶さを強調させた伴奏でパフォーマンスを見せつけた。

アンコールでは、公演曲が終わったあとに最新曲「前のめり」を経て松井のこれまでの軌跡をまとめた映像が流される。「バナナ革命」「微笑みのポジティブシンキング」をチームEメンバーと歌唱した松井は、自身のデビューから今日までの日数がタイトルになった「2588日」を感情を込めて歌い上げる。するとファンによって緑色のペンライトが灯され、劇場は緑一色に。感動に包まれたステージで須田亜香里は「私を含め玲奈さんの姿を見てなりたい自分を想像してきたメンバーはたくさんいます。不安も多いけど玲奈さんに安心してもらえるようにみんなでがんばるから見守っていてください。玲奈さん、ご卒業おめでとうございます」と松井に宛てた手紙を読み上げ、観衆からの大きな拍手に包まれた。

そして松井はファンに向けて最後の挨拶を行う。「最初SKE48は公演の回数も少なくて、その公演のためだけに毎日毎日レッスンをして、週に1回の公演に出ることが私の人生の何よりの幸せでした。私は公演でみんなの陰に隠れていたんですけど、たくさんの方が私のことを見つけてくださって、ここまで引っ張り上げてくださいました。それは私だけじゃなくてほかのメンバーも同じだと思います。応援してくださる皆さんが私たちのことを輝やかせてくれるパワーなんだと思います。私の青春はSKE48だと言えることが私の誇りです。『2588日』の歌詞にもあるように、私は次の花を咲かせるために準備を始めます。皆さんにまた、大きな花を咲かせるところを見てもらえるように応援していただけたらうれしいです。SKE48もまだまだ成長の途中だと思うし、メンバー1人ひとりがこのグループのセンターです。応援してくれる皆さんがいれば、どこまででも前に進めます。これからもSKE48のことをずっと見守ってほしいです。私は次はかすみ草じゃなくてもっともっと大きな花を咲かせられればと思います。この7年間はすべてが私にとっての宝物です。だからこれを大事にこれから先もがんばっていきます」と松井は感極まりながらもしっかりと感謝の言葉を述べた。

松井は堪えきれずに涙を見せながら「SKE48として一番最後にこの曲を歌えることを本当にうれしく思います。今日、公演に来れなかった皆さんとメンバーみんなに想いが届けばいいなと思います」と語り、ラストに全員で「遠くにいても」を歌唱。松井はメンバーとともに噛みしめるように同曲を歌い、SKE48としてのラストステージを終えた。

音楽ナタリーをフォロー