音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガ“ベリーズパワー”注入で日比谷野音に待ったなし

160

アップアップガールズ(仮)による定期公演第3部の様子。

アップアップガールズ(仮)による定期公演第3部の様子。

アップアップガールズ(仮)が6月21日に東京・AKIBAカルチャーズ劇場にて3部にわたって定期公演を開催した。

この日は1部で佐保明梨の生誕公演、2部で関根梓の生誕公演、そして3部では「Respect for Berryz工房公演」と銘打ったライブが繰り広げられ、メンバーは1日を通してAKIBAカルチャーズ劇場に集まった大勢のファンを熱くさせた。

1部の佐保生誕公演ではアプガの真骨頂でもあるノンストップライブを展開。6月8日で20歳になった佐保はオープニングで「今日は私の生誕公演では恒例になりつつあるノンストップライブをやりたいと思いますが、20歳になったということでより成長したライブをお届けします!」と意気込みを語り、「SAMURAI GIRLS」から「このメロディを君と」まで全17曲をフルパワーで駆け抜けた。

歌唱後、過去の生誕祭を振り返り佐保は「2年前はリミックス音源の曲を入れてもノンストップで45分くらいだったんですけど、その頃はまだノンストップライブをあまりやってなかったのでスタッフさんからも心配されてました。でも去年は1時間の尺にアプガの楽曲を全部収めてやり切ることもできて。今のアプガなら長時間でもずっと歌い続けられるね(笑)」と改めて自分たちの成長を実感し笑顔を見せた。

2部の関根生誕公演は、佐保の生誕公演とは打って変わって「チェリーとミルク」や「バレバレ I LOVE YOU」といった関根らしいキュートな楽曲を中心にセットリストが構成される。そして関根は「年に一度の極上の時間を過ごしてほしい」と述べ、MCコーナーで普段から彼女たちを支えているファンに向けてメンバーがそれぞれメッセージカードをプレゼントするという企画を実施する。

次々とファンに向けて感謝の気持ちを語るメンバーの中で関根は、「どこの現場に行っても好きなアイドルの中に関根はいると思うから、これからもどうぞ関根の応援をお願いします。いつもありがとう!」と小悪魔全開のメッセージを送り会場の笑いを誘った。ラストに関根は「来年もこうやって生誕公演があったときは今日を上回る素敵な公演にします!」と約束し、全員でペンライトを振りかざしながら「Party! Party!」を歌い上げた。

3部でアプガは事務所の先輩でもあるBerryz工房をリスペクトし、彼女たちが日本武道館でのコンサートで着た衣装を身にまとって登場。メンバーは「cha cha SING」から熱気あふれるライブを繰り広げ、このときばかりはアプガの楽曲を封印して「胸騒ぎスカーレット」「付き合ってるのに片思い」「一丁目ロック!」といったBerryz工房の人気ナンバーを次々とたたみかけた。MCでは関根がこのライブのために清水佐紀(Berryz工房)が振り付けを教えてくれたことを明かす。メンバーは大先輩の清水から教わることに緊張したことを伝え、改めて清水への感謝の言葉を述べた。そして佐藤綾乃は「結成当時の私たちは先輩たちの楽曲のカバーばかりやっていたから懐かしい気持ちになったね。Berryz工房さんには勝手に運命を感じていて、今回尊敬する夏焼雅さんのパートをやらせていただきました。ちょっとパニックしたけど楽しんで歌えました」と胸中を語った。

さらに「この1時間でBerryz工房さんの曲をたくさんできたし、新しいアプガの一面も観てもらえたかなと思います」と古川小夏が語ると、新井愛瞳は「これまでモーニング娘。さんやメロン記念日さん、℃-uteさんのリスペクト公演をやらせていただいて、今回はBerryz工房もやれたのでまたほかのグループさんをやりたいと思います。7月25日の定期公演では誰かのリスペクト公演をやってみたいと思います! もしかしたらハロー!プロジェクトの所属以外のグループの楽曲をやるかもしれません!」と突然アナウンスして会場を沸かせる。すると会場に遊びに来ていたayaka(lyrical school)を発見した新井が「もしかしたらリリスクのリスペクト公演かもしれないよ! 同じ日にリリスクは単独ライブをやってるんだけども(笑)」とまさかのレーベルメイトリスペクト公演の構想があることを告げた。

そして7月5日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるアプガの単独ライブについて新井は「アプガは野外が大好きなんですよ。夏は野外で汗だらだら流しながら、すっぴんになりながらもやるライブが大好きで。このライブに私たち賭けてます! ぜひたくさんの人に観に来てほしいです!」とアピール。さらに佐藤はBerryz工房について「もっと自分たちの個性を磨いてBerryz工房さんを超せるようにがんばりたい」と宣言し、森も「清水さんが『Berryz工房は永久に不滅です』って言ってたけど、今日Berryz工房さんの楽曲でライブをやってみて本当に永久に不滅だって思いました」と感想を述べた。

また3部のアンコールではBerryz工房にちなんでファンからの“アプガ行くぜ!コール”が巻き起こりメンバーを驚かせる。関根は「偉大なパワーをこのステージで感じることができたので今日はかなりのパワーをもらいました。7月5日の日比谷野音、そしてBerryz工房さんも立った日本武道館でライブができるようにこれからもがんばっていきます!」と意気込みを述べて、この日の定期公演を締めくくった。

アップアップガールズ(仮)47 都道県ツアー~RUN!アプガ RUN! アプガの夏! 野音の夏!~

2015年7月5日(日)東京都 日比谷野外大音楽堂

音楽ナタリーをフォロー