音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Perfume、海外展開のための新プロジェクト「歌詞翻訳サイト」始動

1493

Perfume

Perfume

アメリカ・テキサス州オースティンにて開催される世界最大規模のフェスティバル「SXSW 2015」に現地時間3月17日(日本時間3月18日16:00頃)に出演するPerfumeが、これに先駆けて世界に照準を合わせた新たなプロジェクト「Perfume Translyrics Project」を始動。Perfumeの海外展開用サイト「Perfume global site」にて特設ページがオープンした。

Perfumeは今回の「SXSW 2015」において、インタラクティブメディアの祭典「SXSW Interactive」で最後のパフォーマンスを担当。「SXSW Interactive」はTwitterが世界に爆発的に広がったきっかけとも言われており、またFacebook社のマーク・ザッカーバーグ氏が伝説的なキーノートスピーチを行った場でもあることから、現在ソーシャルメディア時代の象徴的な舞台となっている。なお現地時間3月17日は音楽コンベンション「SXSW Music Festival」の初日でもあるため、Perfumeはインタラクティブメディアと音楽の接点となるオフィシャルショーケースのヘッドライナーとしても注目されている。

Perfumeが「SXSW」に出演するちょうど1週間前の本日3月11日16:00にスタートした「Perfume Translyrics Project」は、Perfumeの楽曲の歌詞を世界中の人々の力で46種類の言語に翻訳し、投稿していくという参加型プロジェクト。これまで日本語がわからないため歌詞の意味が理解できなかった海外のファンにより深くPerfumeの楽曲を楽しんでもらい、Perfumeを聴くきっかけがなかった世界中の人々に曲を聴いてもらう契機を得てもらうべく企画された。歌詞はそれぞれの解釈で翻訳して投稿することができ、投稿した歌詞はSNSでシェアすることも可能。サイトではPerfumeのこれまでのビデオクリップにさまざまな言語の歌詞を付けて閲覧することができるので、外国語が得意な人はもちろん、翻訳では参加できない人でも楽しめるコンテンツとなっている。

サイトでは現在、PerfumeのYouTube公式チャンネルでビデオクリップを公開している30曲がプロジェクトの対象曲として登録されている。これに加えて「STORY(SXSW-MIX)」と題した未発表曲の歌詞も登録されており、1週間後に行われる「SXSW」のライブパフォーマンスと連動して何かが起こることが期待できそうだ。

音楽ナタリーをフォロー