音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ましろ、みみめめ、真音が愛叫ぶ!タワレコ35年公演5日目はアニソン祭

236

黒崎真音(撮影:埼玉泰史)

黒崎真音(撮影:埼玉泰史)

タワーレコードの日本オープン35周年を記念し東京・LIQUIDROOMにて6日間連続で開催中のライブイベント「TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS」。その5日目の公演が昨日11月21日に行われた。

「NO ANIME, NO LIFE.」をキャッチコピーに掲げたこの日の公演は、アニメファンのタワーレコードスタッフがプッシュするアニメソング系アーティストのパフォーマンスを観客に体感してもらうことをコンセプトにしたもの。REVALCY、綾野ましろみみめめMIMI黒崎真音という4組の出演者に加え、MCを務めたのは竹達彩奈が声を担当するTOWERanimeのキャラクター・田和玲子と、テーマにこだわり抜いたステージが展開された。

来場したオーディエンスを迎えたのはDJ和。彼は戸松遥「motto派手にね!」や藍井エイル「IGNITE」などをプレイし、開演前から会場の熱気をぐんぐんと高めていく。オープニングアクトとしてパフォーマンスを行ったツインボーカルユニット・REVALCYは中川翔子「空色デイズ」のカバーと日本テレビ系アニメ「まじっく快斗1412」のエンディングテーマ「WHITE of CRIME」を披露。彼らにとってはこの日が初めてのライブで、Takeshiがこのことを告げると会場からは大きな拍手が送られる。Takeshiは「こんなふうに温かく迎えてくれてありがとうございます!」と感激の表情を浮かべていた。

田和玲子の「デビューしたばかりですが、話題の北海道発の女性シンガー!」という紹介を受けてステージに登場した綾野ましろは「燐光」を情感たっぷりに歌い上げてライブをスタートさせる。MCでは札幌市在住の彼女が初めて恵比寿を訪れた際のエピソードを披露。綾野は「私、なまら方向音痴で目的地まで全然たどり着けなくて。あちこちの交番で場所を聞いていたら交番観光をしに来たみたいになっちゃって……」と照れ笑いし「今日は無事にたどり着けて、皆さんに会えてよかったです!」と喜んだ。「pledge of stars」では会場いっぱいに揺れるサイリウムの光に「こんなにいっぱいサイリウムを見れることも初めてだなあと思って、うれしいです。ありがとうございます!」とオーディエンスに感謝を伝える。彼女はラストにアニメ「Fate/stay night」のオープニングテーマに使用されているデビュー曲「ideal white」で力強い歌声を会場に響かせ、自身のステージを終えた。

続いて田和玲子が舞台に呼び込んだのは、みみめめMIMI。ボーカルのユカとDJうこっけいという編成で現れた彼女たちは1曲目の「ミッディ」から、イラスト担当・ちゃもーいの手がけたイラストをふんだんに盛り込んだ映像をステージ奥のスクリーンに投影。ユカの甘い歌声とともにオーディエンスをみみめめワールドへ招き入れる。ユカはタワーレコードに祝福の言葉を送り「最近は、リリース日に渋谷のTOWER RECORDS CAFEでちゃもーいと乾杯してるんです!このカフェがすごくお気に入りで」と笑顔を浮かべる。「瞬間リアリティ」では彼女たちのライブで恒例となっている「みみめめMIMI」にちなんだコール&レスポンスを行い、オーディエンスの声を受けたユカは激しいキーボードプレイを披露した。続けて演奏されたバラード「Am I Ready?」では一転、しっとりとこの曲を歌い上げ、ファンは彼女の多彩な表情に酔いしれる。「尊敬している方の曲を」とユカが語り披露されたUNISON SQUARE GARDEN「リニアブルーを聴きながら」のカバーではフロアからますます大きな歓声が。彼女は「まだまだ盛り上がっていきましょう!」と次のアクトへとバトンをつなぎ、ラストナンバー「サヨナラ嘘ツキ」を届けた。

トリを務めたのは黒崎真音。DJ WILDPARTYによるDJプレイでステージはスタートし、ファンによる全力のコールが湧き起こる会場に彼女はさっそうと姿を見せる。1曲目の「X-encounter」で妖艶なダンスを踊った黒崎は「今日はみんなの声いっぱい聞かせて!」「ついて来てよ!」とオーディエンスを煽り、「UNDER/SHAFT」「Magic∞world」といったシングル曲を次々にドロップする怒涛のメドレーを展開。被っていたシルクハットが早々に脱げ落ちてしまうほどの激しいパフォーマンスで観客を圧倒した。ブレイクで彼女は「私、トリをやらせていただくことは数えられるくらいに少なくて。緊張していたけど皆のおかげで高まりました! あれ? 私帽子被ってたよね?」とおちゃめな一面を見せる。アニメ「グリザイアの果実」のオープニングテーマに使用されている「楽園の翼」をフルコーラスで届けた後は「この後も攻め攻めのセットリストですが、皆さんついて来てくれますか?」と予告。「行きます!」と叫んだのを合図に「unchain.」でメドレー後半戦をスタートさせ、スタンドマイクでキュートな振りを披露した「Dresser Girl...▽」(▽はハートマーク)やALTIMA「Burst The Gravity」のカバーを次々に歌い上げた。最後の楽曲「メモリーズ・ラスト」ではファンと「タワレコ」コールを行い、会場の一体感は最高潮に。フロアをうれしそうに眺めた黒崎はこの曲で伸びやかな歌声を響かせて舞台を後にした。

アンコールを求める拍手が鳴りやまない会場に田和玲子の「全員集合!」という号令がかかると、ステージにはこの日の全出演者がタワーレコードの黄色いタオルを手に登場した。1人ずつ挨拶を行いオーディエンスへ感謝を伝えた彼女たちは、最後に黒崎の音頭でイベントタイトルのかけ声を行うことに。黒崎が「アニソン!」、ほかの出演者が「NO ANIME!」と呼びかけると、観客は「NO LIFE!」と大きな声で応じ、温かなムードに包まれたままこの日のイベントは終幕した。

TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS DAY.5~アニ☆ソン! NO ANIME, NO LIFE.~
2014年11月21日 LIQUIDROOM セットリスト

REVALCY

01. 空色デイズ
02. WHITE of CRIME

綾野ましろ

01. 燐光
02. pledge of stars
03. ideal white

みみめめMIMI

01. ミッディ
02. Mr.Darling
03. センチメンタルラブ
04. 瞬間リアリティ
05. Am I Ready?
06. リニアブルーを聴きながら
07. サヨナラ嘘ツキ

黒崎真音

01. X-encounter
02. UNDER/SHAFT
03. Borderland
04. Magic∞world
05. No buts!
06. 楽園の翼
07. unchain.
08. -Autonomy-
09. Dresser Girl...▽(※ ▽は白抜きハート)
10. Burst The Gravity
11. LOVE 〇 JETCOASTER
12. メモリーズ・ラスト

音楽ナタリーをフォロー