祝25周年!電気グルーヴ、リキッドで大暴走

841

電気グルーヴが7月14日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて、結成25周年およびLIQUIDROOMの移転10周年を記念してワンマンライブを実施した。

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。

大きなサイズで見る(全13件)

祝福ムード満載のこの公演には、フロントアクトとして電気グルーヴの結成当初はまだ生まれていなかった若手シンガーソングライターの町あかりが登場。キャッチーなメロディとシュールな歌詞のギャップが魅力の「もぐらたたきのような人」「コテンパン」などを朗々と歌い上げる。町のシュールで味わいのあるパフォーマンスに観客は喝采を送り、主役の登場を心待ちにした。

その後、怒号が飛び交い、フロアが揺れる中で始まった電気グルーヴのライブ。サポートのagraphこと牛尾憲輔を含め全員が25周年ロゴを印刷したシャツを着込み、アニバーサリーをアピールする。そして「こんにちは電気グルーヴでーす!」というメンバーの威勢のいい挨拶を機に投下されたのは、2000年に発表されたアルバム「VOXXX」より「ハロー!ミスターモンキーマジックオーケストラ」だった。懐かしい1曲でアニバーサリーライブであることを存分に印象付けた石野卓球とピエール瀧は、「Shame」「Shameful」「モノノケダンス」を繰り出しオーディエンスを踊り狂わせていく。ときにはDJブースを飛び出した石野が「もぐらたたきのような人」のワンフレーズを歌い上げたり、石野と瀧が交互にロボットダンスを披露したりと序盤から飛ばしていった。

ピエール瀧

ピエール瀧[拡大]

石野卓球

石野卓球[拡大]

そしてライブ以上に白熱していたのが、石野の独断場とも言えるMC。「こんばんは。電気、電気、電気グルーヴでございます」と茶目っ気たっぷりの挨拶から始まったMCパートだったが、石野が瀧を容赦なくいじり倒したり、「20周年ライブのとき、イヤっていうほどしゃべったら客が引いちゃって。アンコール起きなかったから!」と5年前の20周年ライブを振り返ったりとマシンガントークを繰り広げる。また「フェスとかイベントが多かったから普段やらない曲もやります」と宣言し、このあとに続くパフォーマンスへの期待を煽った。続いてのブロックでは、2008年リリースのアルバム「YELLOW」からの楽曲が連続で披露されていく。イントロが鳴った瞬間にどよめきが沸いた「どんだけ the ジャイアント」に始まり、「ア.キ.メ.フ.ラ.イ.」「The Words」という3連発にフロアの興奮はピークに達した。

「今年は25周年という商売を思い付きまして(笑)。秋にツアーをやります」と石野がツアーの開催を告知すると、瀧が唐突に「わーわー!」と大声で叫び出す。石野は「大きな声出して、デカイ顔して、実は何もしてない!」と瀧にツッコミを入れつつ、「最もいいツアータイトルなんで」と瀧にMCのバトンを渡した。しかし瀧が「塗糞祭(とふんさい)です!」と誇らしげに発表するも、観客はきょとんとした表情を浮かべる。瀧は「糞を塗ると書いて『塗糞祭』! 知らないの『塗糞祭』?」とふんぞり返り、石野は「25年やってると、うんこも宗教的な感じで神聖になってくる」と持論を展開した。

新たなニュースが告知されたところで届けられたのは、節目には欠かせない新たなアニバーサリーナンバー。今回は「25周年のうた(駅前で先に待っとるばい)」という新曲が、歴代のアーティスト写真が次々とスクリーンに投影される中で披露された。祝福ムードが場内を満たしたところで何が続くのかと観客が期待を膨らませる中、突然牧歌的な映像とともにのどかなトラックが流れ出す。そして瀧が映画「アナと雪の女王」の挿入歌「あこがれの夏」を朗々と歌い上げ、観客を盛り上げた。さらに瀧の断末魔のような叫びを合図に人生の「俺が畳だ!殿様だ!」が披露され、フロアを狂乱の渦へと巻き込んでいった。

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。[拡大]

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。

電気グルーヴ「LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY」の様子。[拡大]

石野の暴走モードのMCは、後半に入るとさらに拍車がかかっていく。瀧に「変なおじさん」のマネをさせ、「夏フェスにも出ますけど、来ないで! 百害あって一利なしだから。物販のTシャツ着て来てアピールしたりしてさ!」と客に悪態をつくなどまさに舌好調。瀧にも「今日は荒れてますな。半分くらい何しゃべってるかわからん」と言わしめるほどの切れ味の鋭いトークを投下していった。ひとしきり話し終えると、石野は「もう5年前の二の舞になりそう……」と反省の色を見せ、「ごゆるりとお楽しみを」と最後のブロックへと突入した。ここでは「Upside Down」「Nothing's Gonna Change」といった曲に加え、ギ・おならすいこみ隊による「モテたくて…」も披露され観客を狂喜させた。

アンコールでは石野のトークが勢いを増し、下ネタや毒舌のオンパレードに。また瀧にカゴを持たせ「が~まるちょばのマネして!」とパントマイムを強要するなどやりたい放題。瀧が「これが長続きの秘訣」と互いの絆の深さを匂わせる瞬間もあったが、石野の暴走は止まらない。混沌としたまま終演を迎えると思われたが、「富士山」が投下されライブはクライマックスに向かっていく。場内には「富士山」コールが飛び交い、瀧は水をフロアにまき散らし、石野は躍動的なプレイで魅せる。そして汗の匂いがフロアに充満する中で、結成25周年ライブに幕を下ろした。

この記事の画像(全13件)

電気グルーヴ LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY
2014年7月14日 LIQUIDROOM ebisu セットリスト

01. ハロー!ミスターモンキーマジックオーケストラ
02. Shame
03. Shameful
04. モノノケダンス
05. Missing Beatz
06. どんだけ the ジャイアント
07. ア.キ.メ.フ.ラ.イ.
08. The Words
09. 25周年のうた(駅前で先に待っとるばい)
10. あこがれの夏
11. 俺が畳だ!殿様だ!
12. Pang Pang Pang
13. エキゾティカ
14. Oyster(私は牡蠣になりたい)
15. Upside Down
16. スマイルレス スマイル
17. Nothing's Gonna Change
18. モテたくて…
19. ジャンボタニシ
<アンコール>
20. 富士山

全文を表示

関連記事

電気グルーヴのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 電気グルーヴ / agraph の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。