音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SiM、“悪魔のフェス”で幕張メッセをカーニバル化

790

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催。この記事ではSATAN STAGEで行われたSiMのライブの模様をレポートする。

怒号のような歓声に迎えられたSiMは、MAH(Vo)の咆哮から「Get Up, Get Up」でライブの幕開けを飾った。GODRi(Dr)、SIN(B)、SHOW-HATE(G)は轟音をフロアに叩き込み、会場を激しく揺らしていく。続く「Faster Than The Clock 」ではMAHの「でっかい輪を作れ!」のひと言でモッシュピットに巨大なサークルが生まれ、エッジの効いたギターが冴える「WHO’S NEXT」では観客が拳を突き上げ熱狂する光景が広がる。

ライブ中盤に入ったところでMAHは「『SATANIC CARNIVAL』! 悪魔のフェスにようこそ!」と改めてオーディエンスに挨拶する。そして会場全体を巻き込んでいく旨を宣言し、艶やかな照明の下でダンサブルな「Blah Blah Blah」を投下。その後も観客を一斉にジャンプさせたり、シンガロングさせたりしながら場内に“カーニバル”を生み出していった。

MAHはPIZZA OF DEATH RECORDSが主催する“カーニバル”に出演できる喜びを明かし、「AIR JAM」やHi-STANDARDをリアルタイムで体感できなかった悔しさを口にする。続けて「2010年代、俺たちとみんなでまた新しい何か面白いことやりたいんだよね。俺たちとみんなで作って行きたいなと。死ぬ気でやっていきます。俺たちが燃え尽きて、灰のひとかけらになるまで一緒に戦ってください」と新世代として音楽シーンを盛り上げていくことを誓う。そしてライブの終盤に熱い思いを込めた「Same Sky」と、激しさ全開の「KiLLiNG ME」を届け、40分のステージに幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー