音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

佐藤健の言葉に櫻子号泣!「カノ嘘」初日迎えキャスト感慨

588

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の全国公開が本日12月14日よりスタート。これを記念した初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

舞台挨拶に登壇したのは、主人公の小笠原秋役を熱演した佐藤健をはじめ、劇中バンドCRUDE PLAYのメンバーを演じた三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、同じく劇中バンドMUSH&Co.のメンバーを演じた大原櫻子、吉沢亮、森永悠希、そして相武紗季、反町隆史、監督の小泉徳宏、音楽プロデュースを手がけた亀田誠治の総勢12名。初の本格的なラブストーリー主演となった佐藤は「僕たちはこの映画を愛してます」と自信を伺わせ、窪田は「1人でも多くの人に観てもらえるようがんばりますんで、これからも『カノ嘘』をよろしくお願いします」と口にする。派手な柄のスーツを着用した浅香は「今日は『カノ嘘』公開、ドラムはコーダイ、俺、航大!」と叫び、共演者と観客を笑わせた。これが映画デビュー作となった大原は緊張しながらも「素敵なキャスト、スタッフに見守れながらデビューできてうれしい。人生の宝だなと思います」と語った。亀田は「見どころがたくさんあるんで、1回だけじゃわからないよー!」と笑顔でアピールし、小泉も「観客と一緒に映画を育てていけたら」と真摯な表情で述べた。

さらにトークセッションでは撮影中のエピソードが次々と明かされた。佐藤とCRUDE PLAYの面々は劇中での音楽活動を通して親交を深めたことを語り、三浦は「ライブもたくさんして、いい意味で勘違いさせてもらった。僕らはこの映画をもって解散しましたが、ヒットしたら復活するかもしれません。皆さん次第です!」とクリプレ続行を匂わせる。また相武は色っぽいシーンでは佐藤のアドバイスがふんだんに盛り込まれていたことを激白。「けっこうセクシーのツボをわかってるんですよ、佐藤さんは。いいシーンになったと思います」と佐藤の意外な一面を明かす。さらに相武と大原は「大好き!」と相思相愛ぶりをステージ上で全開にし、相武は「現役の高校生は抱き心地がいい!」と大原とハグしたときの感触を語っていた。

キャストを中心としたトークのあとは、佐藤が大原に花束を贈るサプライズも。「人はシンデレラストーリーと言うけれど、ホントはオーディションに受かってから、あなたが理子役として努力してきたことを僕は知ってます。デビュー映画公開おめでとう。あなたが理子でよかった」と佐藤が伝えると、大原は大号泣しながら花束を受け取り「びっくりして言葉が出ないです。本当にありがとうございます」と声を詰まらせる。続けて佐藤は「晴れて今日本当のデビューだと思うので、これからいろいろあると思いますが、またどこかで一緒に共演できたらと思います。また一緒にやりましょう」と口にすると、浅香もつられてもらい泣きする事態に。温かな空気が劇場を包む中で、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」初日舞台挨拶は終了した。

音楽ナタリーをフォロー