音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

渋谷系を掘り下げる Vol.6 バックナンバー

マンガ家・大橋裕之が描く“僕と渋谷系”

「1992-1995 田舎の中学生がたまに出会う渋谷系の音楽」

334

1990年代に日本の音楽シーンで起きた“渋谷系”ムーブメントを複数の記事で多角的に掘り下げていく本連載。第6回は大橋裕之による描き下ろしマンガを掲載する。第3回に登場したドレスコーズ・志磨遼平と同じく、渋谷系華やかなりし90年代初頭から中盤にかけて地方都市でローティーンの時代を過ごしていた彼のもとに渋谷系音楽は一体どのように届いていたのか?

作・画 / 大橋裕之

渋谷系を掘り下げる

大橋裕之

1980年1月28日生まれのマンガ家。愛知県蒲郡市出身。2005年から自費出版で活動を開始し、ミニコミやフリーマガジンなどに執筆する。代表作に「シティライツ」「夏の手」「音楽と漫画」「遠浅の部屋」など。

音楽ナタリーをフォロー