坂本美雨

坂本美雨

サカモトミウ

1997年、16歳のときに“Sister M”名義で坂本龍一「The Other Side of Love」に参加し歌手デビューを果たす。1998年に坂本美雨としてミニアルバム「aquascape」をリリースし、1999年に映画「鉄道員」の主題歌「鉄道員(TETSUDOIN)」を歌唱。同年フルアルバム「Dawn Pink」を発表し本格的に音楽活動を開始する。また2006年よりおおはた雄一とのユニット・おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)としても活動しており、2020年6月におお雨名義では初のアルバム「よろこびあうことは」をリリースした。音楽活動に加えて執筆活動、ナレーション、演劇への出演などさまざまな分野で活動中。TOKYO FM系のラジオ番組「ディアフレンズ」で2011年よりメインパーソナリティ、村上春樹によるラジオ番組「村上RADIO」でDJを務めている。また長年動物愛護活動にも携わり、著書「ネコの吸い方」や愛猫・サバ美が話題になるなど“ネコの人”としても広く知られる。日々SNSなどで愛猫と2015年に誕生した娘との暮らしをつづっている。

リンク

関連する画像