音楽ナタリー

宇多田ヒカル、来年からアーティスト活動休止

1110

宇多田ヒカルが秋にシングルコレクションアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」をリリース。また来年からアーティスト活動を休止することを明らかにした。

これは本日8月9日付けで宇多田のオフィシャルサイト内の日記で発表されたもの。約6年半ぶりのベスト盤となる「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」には、「誰かの願いが叶うころ」「Be My Last」「Beautiful World」といったヒット曲に加え、新曲も収録。2004年以降の宇多田の軌跡を網羅した作品となる模様だ。

宇多田は日記でデビューからこれまでのことを振り返り、「アーティスト活動中心の生き方をし始めた15才から、成長の止まっている部分が私の中にあります。それは、人として、とても大事な部分です」と休止を決意した理由を説明。今年いっぱいアーティストとしての活動を行った後、「人間活動」に専念することを明かしている。

なお、復帰の時期については現時点では未定だが、「人として少しは成長できたかな、と思った時、自然とまた、音楽をみんなに聴かせたい!と思った時がきたら、そうする時です」「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから」と必ず音楽シーンに戻って来ることを宣言している。

音楽ナタリーをフォロー