音楽ナタリー

大原櫻子が広瀬すずと友情コラボ!「チア☆ダン」主題歌&挿入歌を担当

3087

広瀬すずと大原櫻子。(c)2017映画「チア☆ダン」製作委員会

広瀬すずと大原櫻子。(c)2017映画「チア☆ダン」製作委員会

大原櫻子が、広瀬すずの主演映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の主題歌および挿入歌を担当することが発表された。

大原が応援ソングを担当し、広瀬が応援マネージャーを務めた「第93回全国高校サッカー選手権大会」の仕事で出会い、意気投合した2人。大原は今回のタッグに「親友の主演映画の主題歌を担当させていただけることが、何よりも嬉しくて! 決まったと聞いたときは『本当に!?』という驚きでいっぱいでした」と大喜び。また主人公の心情を歌に反映させるため、海外の映画祭に参加中の広瀬と国際電話を通して話し合ってレコーディングに臨んだことを明かし、「すずと話して、私自身、忘れかけていた感情を思い出しましたし、仕事ということを抜きにして、すごく刺激的な話が聞けました。想いは歌に全部込めたのでぜひ聴いていただきたいです」とアピールした。

亀田誠治が作詞作曲を手がけた主題歌「ひらり」は、桜や卒業をイメージさせるバラード。当初映画サイドは「チアダンスにぴったりの元気なポップス」をオファーしていたが、デモを聴き「桜の花びらが咲き誇り、散っていくほどの短い時間、大切な仲間と過ごした青春の日々にはいつでも戻ることができる、という温かいメッセージは、大きな夢を叶えるために3年間を走り切った福井商業のJETSメンバーたち、そして広瀬さんたちキャストの気持ちをまさに表現している曲だと思いました」と「ひらり」を主題歌に採用した。また挿入歌「青い季節」はいしわたり淳治が作詞、小名川高弘が作曲したナンバーとなっている。

さらにダンスが得意であった大原は南青山女子高校チアダンス部の主将役で映画に出演し、劇中でチアダンスも披露。主題歌共々こちらも大きな注目を集めそうだ。

3月11日に公開される「チア☆ダン」は、2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝した福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部を題材にした映画。広瀬のほか中条あやみ山崎紘菜富田望生福原遥天海祐希真剣佑が出演している。

広瀬すず コメント

劇中で大原さんが歌う曲が流れた瞬間に、感動と驚きが混じったような不思議な気持ちになりました。
挿入歌も「チア☆ダン」っていう映画の世界観にとてもマッチしていて、個性が強いキャラクターが多い中でもひとつの色として、歌が違和感なく入ってきたので、「何だこれは!」と興奮しました。
そして最後に主題歌が流れて、感動のあまり思わずため息が漏れました。そこで一番、泣いたかもしれないです。

音楽ナタリーをフォロー