音楽ナタリー

橋本環奈「がぶ飲み」記者会見で「春休みはメンバーと“たこパ”したい」

225

橋本環奈(Rev.from DVL)

橋本環奈(Rev.from DVL)

橋本環奈(Rev.from DVL)がポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の飲料ブランド「がぶ飲み」の“応援マネージャー”に就任。本日3月16日に都内で行われた「がぶ飲みブランド20周年記念『がぶ飲み』マネージャー就任イベント」に出席した。

常にその時代の中高生を応援する飲料ブランドとして、1995年に誕生して以来ロングセラーを続けている「がぶ飲み」。ブランドが今年で誕生20周年を迎えることを記念して実施された「『がぶ飲み』マネージャー就任イベント」には、「がぶ飲み」のキャンペーンガール“応援マネージャー”に就任した橋本や、「がぶ飲み」20周年のキャンペーンテーマである“部活”にちなみ、現役部活生たちが登壇した。

ステージに制服姿で登場した橋本は、マネージャーの証としてポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の森下淳氏よりグリーンの「がぶ飲み」ジャージが贈られる。さっそく彼女は着ていたブレザーを脱いで、ジャージを着用することに。そしてジャージのチャックを首元まで引き上げた橋本は「部活をがんばっている全国のみんなを、『がぶのみ』と一緒に応援していきたいと思っています。皆さんよろしくお願いいたします」とコメントした。MCに「がぶ飲み」の好きなフレーバーを尋ねられると、「フルーツミルク味が好きです。でも先ほど新しいフレーバーのマンゴーフロートを飲ませていただいたんですけど、こちらもすごくおいしかったので、甲乙つけがたいですね」とも発言していた。

その後ステージにはサッカー部、チア部、ホームメイキング部、野球部、スキー部、柔道部、帰宅部の現役部活生たちが登場。彼らは橋本に自身の部活のマネージャーになってもらうべく、30秒間ずつ猛アピールを行う。7名のプレゼンが終わると、橋本はサッカー部と野球部が気に入った様子で、“体験入部”と称してそれぞれの部活生とパスの練習やキャッチボールを行った。

橋本はイベント終了後に行われた囲み取材にも出席。記者からの「春休みにしたいことはありますか?」という質問に対し、彼女は「(Rev.from DVLの)メンバーと一緒にお泊り会をして、“たこパ”(たこやきパーティ)がしたいです」と回答する。さらに別の記者からの「彼氏にするなら何部?」という質問に対しては「好きになったら部活は関係ない。どの部活でも一生懸命に取り組んでいる姿はカッコよく見えますね」と話していた。また「カロリーなどは気にしますか?」という質問が投げかけられると、「カロリーは気にするんですけど、やっぱり甘いモノは大好きなんです。ダイエットしてる女子たちもご褒美として『がぶ飲み』を飲んでいただけたら」とコメントした。

本日3月16日より20周年企画の一環として、「がぶ飲み」ブランドの対象商品を購入した人の中から2020名に「橋本環奈の部活応援ポスター」が当たるキャンペーンがスタート。このポスターはマネージャーに扮した橋本環奈の写真と、当選者の学校名や団体名と部活名をデザインしたものとなる。詳しくは「がぶ飲み」のキャンペーンサイトにて確認を。

音楽ナタリーをフォロー