音楽ナタリー

仮面女子へ諸星和己が心得伝授「天狗の面は付けるな」

610

仮面女子のライブに出演した諸星和己。

仮面女子のライブに出演した諸星和己。

仮面女子が本日1月7日に東京・P.A.R.M.Sにてニューシングル「元気種☆」の発売記念イベントを開催した。

インディーズの女性アーティストとして史上初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得した仮面女子。この日のイベントには彼女たちを祝福するために多くのファンが集結し、さらにスペシャルゲストとして元・光GENJIの諸星和己が出演した。

諸星は仮面女子が歌う「夏だね☆」のラストに登場。当初はローラースケートを履いて颯爽と現れる予定だったが、イベント当日に故障してしまったため着物姿で仮面女子の旗を振り、ピコピコハンマーでメンバーたちを叩きながらステージを暴れまわった。

MCで諸星は仮面女子のニューシングルが13万枚の売上を記録したことについて「どういう手口で売ったんだよ!」とコメントし笑いを誘う。また本日深夜よりテレビ東京系にて放送が始まる彼女たちの冠番組「仮面女子のやっぱ全力だね~!」に話が及ぶと、諸星は「オマエら冠番組持ってるの!? 今度出して(笑)」とメンバーにお願いする場面も。さらにメンバーからアイドルとしての心得を尋ねられると、諸星は「ファンとの距離が一番大事。俺たちの時代はまだレコードだったんだけど、レコードはA面B面だっただろ? そしてCDが主流になる時代が来て、もうCDの時代も終わろうとしている。“ABCD”と続いて、これからは“EF”の時代がやってくるんだ。“E”っていうのは“イベント”、“営業”のこと。そして“F”は“ファン”のことなんだよ。これからのアイドルはもっと“EF”を大事にする必要がある」と持論を述べ、会場からの大歓声を受けた。

また諸星は「売れてくると悪い大人が寄ってくるから。だから騙されないように心にも仮面を付けて接していけ。俺は天狗のお面を付けちゃったから人が離れていってしまったんだ。それだけは付けるな」とアイドルの先輩として仮面女子にメッセージを送った。

この日のイベントで仮面女子は「夏だね☆」のほかに「元気種☆」「大冒険☆」など4曲を熱唱。立花あんな、森カノンなど選抜メンバー14人で熱狂的なライブを繰り広げた。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】