文学座研究所、研修科の卒業発表会はチェーホフ「三人姉妹」

1

98

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 18 61
  • 19 シェア

文学座附属演劇研究所の2021年度研修科59期卒業発表会「三人姉妹」が、1月21日から23日まで東京・文学座アトリエで上演される。

文学座附属演劇研究所2021年度研修科59期卒業発表会「三人姉妹」ビジュアル

文学座附属演劇研究所2021年度研修科59期卒業発表会「三人姉妹」ビジュアル

大きなサイズで見る

文学座附属演劇研究所は、本科、研修科からなる文学座の養成機関。今回の公演では、59期生がアントン・チェーホフ「三人姉妹」に挑む。演出を手がけるのは、本科(59期生)夜間部卒業発表会「花火、舞い散る」を演出した高橋正徳。チケットの予約受付は12月30日19:00に開始される。

文学座附属演劇研究所2021年度研修科59期卒業発表会「三人姉妹」

2022年1月21日(金)~23日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:アントン・チェーホフ
訳:小田島雄志
演出:高橋正徳

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

文学座研究所、研修科の卒業発表会はチェーホフ「三人姉妹」
https://t.co/1NeYrWVFjD https://t.co/iW5yN1zfSi

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

文学座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 文学座 / アントン・チェーホフ / 高橋正徳 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします