日本の中心は俺たちだ!「ACTORS☆LEAGUE」助っ人や猫登場、監督対決も

3404

「ACTORS☆LEAGUE 2021」が、昨日7月20日に東京・東京ドームで開催された。

左から黒羽麻璃央、山崎育三郎、城田優、尾上松也、和田琢磨。

左から黒羽麻璃央、山崎育三郎、城田優、尾上松也、和田琢磨。

大きなサイズで見る(全7件)

「ACTORS☆LEAGUE 2021」ビジュアル

「ACTORS☆LEAGUE 2021」ビジュアル[拡大]

「ACTORS☆LEAGUE 2021」は、黒羽麻璃央が企画プロデュースした“野球×エンタテインメント”のショー。若手俳優たちが一堂に会し、真剣勝負を繰り広げる姿を見届けるべく、会場には約1万5000人の観客が集まった。

「ACTORS☆LEAGUE 2021」メンバー一覧

「ACTORS☆LEAGUE 2021」メンバー一覧[拡大]

オープニングセレモニーではまず、セカンド付近に設置されたステージにコミッショナーの城田優が姿を現し、「ACTORS☆LEAGUE」のテーマソング「L・A・S・T」を力強く歌唱。DIAMOND BEARSの「- D.B. Go For It -」が流れると、同チームキャプテンの和田琢磨、選手会長の和田雅成をはじめ、石橋弘毅岩瀬恒輝上田堪大上田悠介大見拓土北川尚弥北園涼小南光司椎名鯛造高野洸鳥越裕貴松井勇歩結城伽寿也横山真史が次々と登場し、3塁側に整列した。続いて、BLACK WINGSのメンバーが入場。BLACK WINGSのチームソング「- B.W. Anthem -」が鳴り響く中、キャプテンの黒羽、阿部顕嵐有澤樟太郎井阪郁巳岡宮来夢小西詠斗近藤頌利笹森裕貴章平田中涼星西川俊介橋本祥平平野宏周廣野凌大松田凌八木将康が登場し、1塁側にズラリと並ぶ。「ACTORS☆LEAGUE」の発起人である黒羽が「今現在、日本の中心は俺たち『ACTORS☆LEAGUE』だー!」と叫ぶと、スタンドからは大きな拍手がわき起こった。そして最後に、BLACK WINGSの監督・山崎育三郎、DIAMOND BEARSの監督・尾上松也、ゲスト解説者の荒牧慶彦佐藤流司が入場。全員がそろうと、両チームの監督による国歌斉唱や、両チームのキャプテンによる選手宣誓などが行われた。

「ACTORS☆LEAGUE」にはオリジナルのルールが設定されており、1試合7イニングで延長はなし。20:00を迎えた場合、次のイニングには進まず終了となる。選手交代は何度でも可能で、DH制は採用しない。また、“助っ人カード”が一度だけ使用可能となっている。投手陣の層が厚いBLACK WINGSのスターティングメンバーは、1番・サード・近藤、2番・セカンド・岡宮、3番・ショート・笹森、4番・キャッチャー・有澤、5番・ファースト・八木、6番・センター・井阪、7番・ライト・阿部、8番・レフト・橋本、9番・ピッチャー・黒羽。対して、バッティングに定評のあるDIAMOND BEARSのスターティングメンバーは、1番・ショート・和田雅成、2番・キャッチャー・和田琢磨、3番・センター・北園、4番・ファースト・横山、5番・ピッチャー・上田悠介、6番・サード・上田堪大、7番・ライト・鳥越、8番・セカンド・椎名、9番・レフト・石橋だ。

「ACTORS☆LEAGUE 2021」に参加したキャスト一同。

「ACTORS☆LEAGUE 2021」に参加したキャスト一同。[拡大]

城田の「プレイボール!」という号令でいよいよ試合がスタート。1回表、ランナーを出す場面もあったが、黒羽が良い立ち上がりで初回を0点に抑える。1回裏、上田悠介の好投により、三者凡退で終了。2回表、ゲスト解説から“お祭り男”と評された鳥越が威勢よくバッターボックスに立つも、残念ながら見逃し三振に終わる。2回裏、甲子園出場経験のある八木の打席で、キャッチャーの和田琢磨がファインプレー。また、井阪が両チーム初となるヒットを放った。

さすがは“野球×エンタテインメント”のショー、イニング間も観客を飽きさせない。城田がいるという“コミッショナーの部屋”と中継がつながり、“コミッショナーの部屋”に呼び出された高野、そして岡宮が、ドSキャラの城田とほほ笑ましいやり取りを繰り広げた。

3回表、黒羽に代わり井阪、3回裏には上田悠介に代わり、速球が持ち味の小南が登板。3回裏、DIAMOND BEARSが少々リズムを崩したところをBLACK WINGSが攻め、見事1点先制。DIAMOND BEARSの監督・松也がビデオ判定をリクエストするが、そのままBLACK WINGSの得点が認められ、0-1に。4回表には、レフトに猫が現れるという珍事件が発生。しぶとく逃げ回る猫を高野が必死に捕まえると、なんとその猫の正体は染谷俊之だった。4回裏には野球経験ゼロの椎名が登板。八木が特大ファウルを放ち、会場を沸かせるも、最後は見逃し三振。八木を抑えた椎名は喜びのあまり、マウンド上で雄叫びを上げた。

ピッチャーが近藤に代わった5回表、独立リーグの元選手である岩瀬の2点タイムリーでDIAMOND BEARSが逆転。一気にDIAMOND BEARSの流れになり、3-1でこの回を終えた。5回裏、ついに監督たちが動く。松也が「ピッチャー、俺!」と宣言すると、山崎が「ちょっと待った! 松也が出るのであれば、代打、僕!」とベンチから身を乗り出した。監督である2人の直接対決に会場は大盛り上がり。力いっぱいバットを振った山崎だったが、結果はサードゴロ。監督対決は松也に軍配が上がった。同じく5回表、松也に代わって登板した結城が平野にデッドボールを当ててしまうアクシデントも。死球を受けた平野が結城のもとへ向かい、あわや乱闘かと思われたが、2人は少し揉み合いになったあと笑顔で抱き合い、無事に和解した。

6回表、ピッチャー・西川の乱調で、BLACK WINGSは1アウト満塁のピンチを迎える。その後、フォアボール、ワイルドピッチによる押し出しで追加点を与えてしまい、6-1に。西川に代わって黒羽が再び登板し、なんとかピンチを切り抜けた。時間はまもなく20:00。規定により、次の6回裏をもって試合終了となることが城田の口から告げられた。

するとここで、5点ビハインドのBLACK WINGSが“助っ人カード”を行使。監督の山崎が「助っ人、出てこいや!」と呼び込むと、まさに外国人助っ人のようないでたちのspiがリリーフカーに乗って姿を現した。BLACK WINGSのベンチへ向かい、チームを鼓舞したのち、spiはバッターボックスへ。会場中が固唾を呑んで見守る中、spiはピッチャー・北園の勢いに押されて空振り三振。ゲスト解説者から「spiさん、実はまったく野球経験ないですからね」と真実が語られると、会場は温かい笑いに包まれた。その後、BLACK WINGSのバラエティ担当・橋本が巨大なビニール製のバットで対抗するなど、BLACK WINGSは最後まで粘りを見せるが、3アウトとなり6-1のままゲームセット。勝利の女神はDIAMOND BEARSにほほ笑んだ。

試合終了後には各賞の受賞者が発表され、ファインプレー賞を上田堪大、ハッスル賞を鳥越、ハーゲンダッツ賞を阿部、ほろよい 夏の白いサワー賞を荒牧が受賞。栄えあるMVPには岩瀬が輝き、優勝チームであるDIAMOND BEARSにはトロフィーが贈られた。惜しくも敗れてしまったBLACK WINGSの黒羽は、悔しさをにじませながらも、「DIAMOND BEARSの皆さん、おめでとうございます!」と祝福し、「夢のような1日を過ごすことができました。皆様に厚く御礼申し上げます。“野球×エンタテインメント”には無限の力があります。これからも応援していただければと思います」と笑顔でイベントを締めくくった。

コミッショナー、各チームの監督・キャプテンが試合に際して発表したコメントは以下の通り。

城田優コメント

コミッショナーとしては何の緊張もしておりません。ただ、自分が作詞作曲したテーマソング「L・A・S・T」をオープニングセレモニーでひとりで歌うことに関しては、死ぬほど緊張しております。というのは、“東京ドームで歌を歌う”というのが芸能界に入った頃からの自分の夢でした。その夢が叶う瞬間なので非常にドキドキワクワクしております。僕の歌を通して一人でも前向きになっていただけたらいいなと思います。それが僕のコミッショナーとしての一番の役割ですね(笑)。コロナ禍ですが、お客さんが見ていただく中で開催できるということをありがたく思っています。

尾上松也コメント

無事開催できてうれしく思っております。実は、東京ドームはプライベートで借りて、何度か野球の試合をしたことがあります。でも、監督として試合するのは初めてなので、監督としての試合の楽しみ方を新たに見つけたいなと思っています。いつもとは違う視点で見られるで、それはそれで楽しみですね。観ていただく方には、みんなが全力で野球を楽しんでいる姿と、開催を企画した(黒羽)麻璃央と制作スタッフの思いを感じ取っていただければうれしいです。育(山崎育三郎)とは何度か草野球をやっていて、これまで負けているので今日は勝ちたいと思います。

山崎育三郎コメント

間もなく本番ということで興奮します。コロナ禍ですが、これだけたくさんのお客さんが観に来てくださるということも嬉しいですね。東京ドームでプレイするのは子供の頃からの夢でした。監督なので試合に出られるか分からないんですが、「代打、俺!」ってどこかで出てやろうと思っています(笑)。(尾上)松也とは仲が良いんですけど、勝負事なので負けたくないですね。試合もそうですけど、ずっとベンチに向けてカメラが回っていたりしますし、楽曲を披露する場面があったりしますので、野球に詳しくないという方もエンタメとして楽しんでいただけるんじゃないかなって。舞台上とは違う姿をたっぷりと楽しんでください。

和田琢磨コメント

いよいよということでワクワクしています。キャプテンとしては、勝てるチームを作ったつもりですので、相手チームのキャプテンの(黒羽)麻璃央くんが発起人ではありますが、勝ちにいきたいと思います。僕個人としては、共演しているけどなかなか会えない人たちとも交流できますし、とてもいい場だなって思っています。東京ドームに見に来てくださった方だけでなく、配信で観てくださる方にも楽しんでもらいたいですね。あと、僕の打順は2番なので初回にピッチャーの麻璃央くんと対戦します。ここでキッチリ1本ヒットを打ちたいです(笑)。

黒羽麻璃央コメント

大人になってから一番気持ちが高揚しています(笑)。企画プロデュースをさせていただいていますが、最初は地方球場で仲良く楽しく出来たらいいなと思っていました。それが東京ドームで開催できることになって嬉しい驚きというか、野球人生において思い残すことはありません(笑)。苦楽を共にした俳優仲間だったり、尊敬する先輩方と短い時間ではありますけどお祭り騒ぎができる今日のイベントは、まだまだ厳しい状況ですが、これまで自粛してきたことへのちょっとしたご褒美と思っています。配信で観られる方も楽しんでいただけたらうれしいです。

この記事の画像(全7件)

「ACTORS☆LEAGUE 2021」

2021年7月20日(火)17:00~ ※終了
東京都 東京ドーム

コミッショナー:城田優
監督:山崎育三郎(BLACK WINGS)、尾上松也(DIAMOND BEARS)
ゲスト解説:荒牧慶彦佐藤流司
キャプテン:黒羽麻璃央(BLACK WINGS)、和田琢磨(DIAMOND BEARS)
選手会長:和田雅成(DIAMOND BEARS)

オープニング演出:城田優
総合演出:川尻恵太

ACTORS☆LEAGUE テーマソング「L・A・S・T」
作詞:城田優
作曲:城田優、UTA

BLACK WINGS チームソング「- B.W. Anthem -」
作詞・作曲:井手コウジ

DIAMOND BEARS チームソング「- D.B. Go For It -」
作詞・作曲:井手コウジ

BLACK WINGSチームメンバー(五十音順):阿部顕嵐有澤樟太郎井阪郁巳岡宮来夢小西詠斗近藤頌利笹森裕貴章平田中涼星西川俊介橋本祥平平野宏周廣野凌大松田凌八木将康
DIAMOND BEARSチームメンバー(五十音順):石橋弘毅岩瀬恒輝上田堪大上田悠介大見拓土北川尚弥北園涼小南光司椎名鯛造高野洸鳥越裕貴松井勇歩結城伽寿也横山真史

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

黒羽麻璃央のほかの記事

リンク

(c)ACTORS☆LEAGUE 2021

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 黒羽麻璃央 / 和田琢磨 / 城田優 / 荒牧慶彦 / 佐藤流司 / 山崎育三郎 / 尾上松也 / 和田雅成 / 阿部顕嵐 / 有澤樟太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします