範宙遊泳「バナナの花は~」たけうちんぐ撮影・編集による映像作品を配信

58

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」の映像配信が決定した。

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」ビジュアル

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」ロゴ

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」ロゴ[拡大]

このたび配信されるのは、映像監督・たけうちんぐが独自の視点で撮影・編集する映像作品。たけうちんぐは「映像にできることは何なのか? たくさんの問いと、様々な方法が打ち出されてきた一年間。答えをまだまだ決めたくないから、舞台から枠を越えるものを見せてやりたいです」と意気込みを語った。配信はローチケ LIVE STREAMINGにて、3月30日10:00から4月25日23:59まで行われる。視聴チケットの販売は3月20日10:00から4月25日21:00まで。

「バナナの花は食べられる」は、範宙遊泳にとって約2年ぶりとなる劇場公演。作・演出を山本卓卓が手がけ、出演者には範宙遊泳の埜本幸良福原冠、モメラスの井神沙恵、そして入手杏奈植田崇幸細谷貴宏が名を連ねた。劇中では、33歳独身、彼女なし、アルコール中毒、元詐欺師前科一犯の“穴蔵の腐ったバナナ”を軸とした物語が展開。彼は、マッチングアプリ・TSUN-TSUN(ツンツン)を通じて知り合った男と会うことになり……。

上演に際し山本は「今回はとにかく書きたいことを書きたいように書きたいだけ書く、ということを心がけて、結果、3時間近くの長い物語になりました。この作品と向き合うことで、僕自身を大きく成長させてくれました。ご覧いただけるみなさんにとって、3時間分、成長できる物語になったらいいなと、思っています」とコメントした。公演は3月25日から28日まで東京・森下スタジオ Cスタジオにて。

この記事の画像(全2件)

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」

2021年3月25日(木)~28日(日)
東京都 森下スタジオ Cスタジオ

作・演出:山本卓卓
出演:埜本幸良福原冠 / 井神沙恵入手杏奈植田崇幸細谷貴宏

範宙遊泳「バナナの花は食べられる」配信

2021年3月30日(火)10:00~4月25日(日)23:59

撮影・編集:たけうちんぐ

全文を表示

関連記事

範宙遊泳のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 範宙遊泳 / 山本卓卓 / 埜本幸良 / 福原冠 / 井神沙恵 / 入手杏奈 / 植田崇幸 / 細谷貴宏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします