スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」3都市の演劇祭で上演

35

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」が、9月に兵庫・静岡・鳥取で上演される。

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」告知ビジュアル

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」ビジュアル

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」ビジュアル[拡大]

2017年に初演され、上演が重ねられてきた「ラブ・ダイアローグ・ナウ」は、出会いの過程を描く舞台作品。今回は「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」フリンジプログラム、「ストレンジシード静岡2020 the Park」、「鳥の演劇祭13」若手舞台芸術創作団体支援企画の参加作品として、3都市で上演される。

本作では演出をスペースノットブランクの小野彩加中澤陽が担当。兵庫公演と静岡公演には、古賀友樹、札内茜梨が出演し、鳥取公演には小野、中澤が出演する。このほかクリエーションメンバーには、東京はるかにの植村朔也、ルサンチカの河井朗、花井瑠奈が名を連ねた。

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」過去公演より。(c)月館森

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」過去公演より。(c)月館森[拡大]

小野と中澤は、作品について「あらゆる状況を『出会い』というフィルターに通すだけで、物語が立ち上がってきます。ドラマに高揚する時、私たちは自らの歴史と物語を重ねて、その類似性と相違性のどちらにも感情を動かされています。『ラブ・ダイアローグ・ナウ』に表される出会いが完結しないのは、それが舞台に描かれる状況でありながら、私たちの人生と変わらない性質を持っているからと言えます」とコメント。また「それぞれの場所で、それぞれの他者と出会い、それぞれの自己と出会うことを楽しみにしています」と観客にメッセージを送った。

公演は9月12・13日に兵庫・アップかんなべ 中央ゲレンデ、21・22日に静岡・静岡市内、26・27日に鳥取・鳥の劇場 野外劇場にて。なお静岡公演の会場は後日発表される。

小野彩加、中澤陽コメント

重層化する、出会い

「ラブ・ダイアローグ・ナウ」は、出会いの過程を描いた舞台作品です。しかし上演の中でその出会いが完結することはなく、辻褄を排していくつもの出会いの瞬間を断片的に描いています。しかしそれも断片のようで繋がっているようにも感じる。あらゆる状況を「出会い」というフィルターに通すだけで、物語が立ち上がってきます。ドラマに高揚する時、私たちは自らの歴史と物語を重ねて、その類似性と相違性のどちらにも感情を動かされています。「ラブ・ダイアローグ・ナウ」に表される出会いが完結しないのは、それが舞台に描かれる状況でありながら、私たちの人生と変わらない性質を持っているからと言えます。

2017年から2018年にかけて制作と上演を行なった「ラブ・ダイアローグ・ナウ」と、2020年に再会します。3つの場所で、3つの異なる出会いの舞台を作ります。小旅行に新しい価値を連れて、土地から土地を移動します。それぞれの場所で、それぞれの他者と出会い、それぞれの自己と出会うことを楽しみにしています。

この記事の画像(全3件)

スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」

2020年9月12日(土)・13日(日)
兵庫県 アップかんなべ 中央ゲレンデ

演出:小野彩加中澤陽
出演:古賀友樹、札内茜梨

2020年9月21日(月・祝)・22日(火・祝)
静岡県 静岡市内

演出:小野彩加、中澤陽
出演:古賀友樹、札内茜梨

2020年9月26日(土)・27日(日)
鳥取県 鳥の劇場 野外劇場

演出・出演:小野彩加、中澤陽

全文を表示

関連記事

スペースノットブランクのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スペースノットブランク / 小野彩加 / 中澤陽 / 古賀友樹 / 河井朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします