「シアターコモンズ」にナフーム、キュンチョメ、市原佐都子、中村大地×松原俊太郎

45

「シアターコモンズ'20」の全プログラムが発表された。

ナフーム「『Another Life』/『軌道のポエティクス』」ビジュアル

ナフーム「『Another Life』/『軌道のポエティクス』」ビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

キュンチョメ「いちばんやわらかい場所」ビジュアル

キュンチョメ「いちばんやわらかい場所」ビジュアル[拡大]

このたび新たにプログラムに追加されたのは、メキシコ / ドイツのナフーム「『Another Life』 / 『軌道のポエティクス』」、キュンチョメ「いちばんやわらかい場所」、市原佐都子「蝶々夫人」、松原俊太郎作、中村大地構成・演出による「正面に気をつけろ」の4作品。このほか「芸術祭の時代における危機管理ワークショップ」や、“芸術”について議論するフォーラムが開催される。

芸術公社が主催する「シアターコモンズ」は、都市に新たな“コモンズ=共有地”を生み出すプロジェクト。日常の中に演劇的な発想を持ち込むべく、演劇公演のほか、レクチャー形式のパフォーマンス、ワークショップが行われる。参加者には上記アーティストのほか、既報の通りインドのシャンカル・ヴェンカテーシュワラン、ベルギーのジルケ・ユイスマンス&ハネス・デレーレ、小泉明郎が名を連ねている。開催は2月27日から3月8日まで、東京都港区エリア各所にて。

この記事の画像(全9件)

「シアターコモンズ'20」

2020年2月27日(木)~3月8日(日)
東京都 港区エリア各所

シャンカル・ヴェンカテーシュワラン「インディアン・ロープ・トリック」

2020年2月27日(木)・28日(金)
東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ リーブラホール

市原佐都子 / ジャコモ・プッチーニ「蝶々夫人」

2020年2月29日(土)、3月5日(木)・6日(金)、8日(日)
東京都 慶應義塾大学三田キャンパス 旧ノグチ・ルーム

キュンチョメ「いちばんやわらかい場所」

2020年3月1日(日)・2日(月)
東京都 港区内

小泉明郎「縛られたプロメテウス」

2020年3月3日(火)~7日(土)
東京都 港区立台場区民センター

ジルケ・ユイスマンス&ハネス・デレーレ「快適な島」

2020年3月5日(木)・6日(金)
東京都 港区立男女平等参画センター リーブラ リーブラホール

中村大地 / 松原俊太郎「正面に気をつけろ」

2020年3月5日(木)・6日(金)、8日(日)
東京都 慶應義塾大学三田キャンパス 旧ノグチ・ルーム

ナフーム「『Another Life』 / 『軌道のポエティクス』」

2020年3月7日(土)・8日(日)
東京都 ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

市原佐都子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 市原佐都子 / 中村大地 / 松原俊太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします