「シアターコモンズ '18」に森村泰昌、藤井光、萩原雄太、マーク・テら

23

「シアターコモンズ '18」が2月22日から3月11日に東京都港区エリアで開催される。

マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」より。(c) Franz Kimmel

マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」より。(c) Franz Kimmel

大きなサイズで見る(全9件)

萩原雄太/かもめマシーン「しあわせな日々」より。(c) Rakutaro Ogiwara

萩原雄太/かもめマシーン「しあわせな日々」より。(c) Rakutaro Ogiwara[拡大]

芸術公社が主催する「シアターコモンズ」は、都市に新たな“コモンズ=共有地”を生み出すプロジェクト。日常生活や都市空間の中で演劇的な発想を活用し、演劇公演のほか、レクチャー形式のパフォーマンス、ワークショップなどを通して、新たな劇場や演劇の形を提示することを目指す。

今回は国内外の計9組のアーティストが参加。美術家・森村泰昌による初の新作レクチャーパフォーマンスや、オランダの劇団アルテミスによる子供向けワークショップ、マレーシアのマーク・テの新作などがラインナップされている。

この記事の画像(全9件)

シアターコモンズ '18

2018年2月22日(木)~3月11日(日)
東京都港区エリア各所

参加アーティスト:ブシュラ・ハリーリ、藤井光、ジュリアン・フルネ/アミカル・ド・プロダクション、マーク・テ/ファイブ・アーツ・センター、森村泰昌萩原雄太かもめマシーン、小泉明郎、シュウ・ジャウェイ、劇団アルテミス ほか

全文を表示

関連記事

芸術公社のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 芸術公社 / 藤井光 / 森村泰昌 / 萩原雄太 / かもめマシーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします