「“未来を書き換えていく”身体を」吉祥寺ダンスリライト開幕

39

「吉祥寺ダンスリライト vol.1」が、昨日11月15日に東京・吉祥寺シアターで開幕した。

水中めがね∞「my choice, my body,」より。(撮影:金子愛帆)

水中めがね∞「my choice, my body,」より。(撮影:金子愛帆)

大きなサイズで見る(全19件)

田村興一郎「goes」より。(撮影:金子愛帆)

田村興一郎「goes」より。(撮影:金子愛帆)[拡大]

Noroc「愛とか知らない」より。(撮影:金子愛帆)

Noroc「愛とか知らない」より。(撮影:金子愛帆)[拡大]

Von・noズ「ペレック-春の祭典 四重奏-」より。(撮影:金子愛帆)

Von・noズ「ペレック-春の祭典 四重奏-」より。(撮影:金子愛帆)[拡大]

「吉祥寺ダンスリライト」は、コンテンポラリーダンスの将来を担う若手アーティスト4組が、一堂に会するダンスショーケース公演。Baobabの北尾亘が総合ディレクターを務める第1回の出演者には、水中めがね∞田村興一郎、Noroc、Von・noズが選出された。

Aプログラムには水中めがね∞とNoroc、Bプログラムには田村とVon・noズが出演。開幕に際し北尾は、「『未来を書き換えていく』アーティストたちの身体(すがた)を、私も心して見つめたいと思います」とコメントしている。

公演は明日11月17日まで。チケットは、本日16日14:00開演のAプログラムについては前売りが完売しているが、19:30開演のBプログラム、および明日17日14:00開演のBプログラムは販売中だ。

※初出時、Norocの作品名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

北尾亘コメント

北尾亘(Photo by bozzo)

北尾亘(Photo by bozzo)[拡大]

「時代が緩やかに、変容を遂げようとしている。」
自他共に認めるダンスファンとしてここ数年、新たな才能の勃発には目を見張るものがあります。長らく沈黙の続いたコンテンポラリーダンスの世界に“何か”を見出し、飛び込んできた若き才能たちを受け止める場が必要でした。
吉祥寺シアターは私自身も目標とし、また表現の可能性を幾度も体感させてもらった特別な場所です。この劇場を存分に浴びて「未来を書き換えていく」アーティストたちの身体(すがた)を、私も心して見つめたいと思います。

この記事の画像(全19件)

「吉祥寺ダンスリライト vol.1」

2019年11月15日(金)~17日(日)
東京都 吉祥寺シアター

出演:水中めがね∞田村興一郎、Noroc、Von・noズ
総合ディレクター:北尾亘

全文を表示

関連記事

北尾亘のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 北尾亘 / 水中めがね∞ / Von・noズ / 田村興一郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします