ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

熊川哲也がオペラをもとに立ち上げる新作、Kバレエ「マダム・バタフライ」

534

Kバレエ「マダム・バタフライ」が、9・10月に東京2会場で上演される。

今年2019年に20周年を迎えるKバレエによる本作は、ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」を原案とした世界初演のバレエ作品。演出・振付・台本は熊川哲也が手がけ、出演者にはマダム・バタフライ役の矢内千夏成田紗弥中村祥子、ピンカートン役の堀内將平山本雅也宮尾俊太郎、スズキ役の荒井祐子、井上とも美、山田蘭が名を連ねている。なお衣装デザインを手がけるのは前田文子だ。

公演は9月27日から29日まで東京・Bunkamura オーチャードホール、10月10日から14日まで東京・東京文化会館 大ホールにて。チケットの一般販売は4月6日にスタートする。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2019「マダム・バタフライ」

2019年9月27日(金)~29日(日)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

2019年10月10日(木)~14日(月・祝)
東京都 東京文化会館 大ホール

演出・振付・台本:熊川哲也
原案・音楽:ジャコモ・プッチーニ(オペラ「蝶々夫人」)
舞台美術デザイン:ダニエル・オストリング
衣裳デザイン:前田文子

キャスト

マダム・バタフライ:矢内千夏 / 成田紗弥 / 中村祥子
ピンカートン:堀内將平 / 山本雅也 / 宮尾俊太郎
スズキ:荒井祐子 / 井上とも美 / 山田蘭
花魁:中村祥子 / 山田蘭 / 杉山桃子
ボンゾウ:遅沢佑介 / 杉野慧
シャープレス:スチュアート・キャシディ

ステージナタリーをフォロー