ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

熊川哲也が自信、“和”で魅せるKバレエ「マダム・バタフライ」公開リハ

174

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2019「マダム・バタフライ」公開リハーサルより。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2019「マダム・バタフライ」公開リハーサルより。

「Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2019『マダム・バタフライ』」の公開リハーサルが、本日9月11日に東京都内で行われた。

今年で創立20周年を迎えるKバレエによる本作は、ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」をもとにした世界初演のバレエ作品。

まず演出・振付・台本の熊川哲也が「あらかじめインフォメーションを入れてから観ていただきたい」と前置きし、「生きるために遊女になり、外国人を相手にしていた女性たちがたくさんいた。マダム・バタフライを描く物語は、その事実に基づいた作品だとわかった」と話す。長崎を訪れたと言う熊川は、日本人女性とアメリカ人の白黒写真を見たことに言及して「女性たちが笑顔でないことから、彼女たちは生きるため仕方なく遊女になった女性だと僕は考えてしまいました。しかしそうではなく、彼女たちは信念を持って生き抜いたのだと思わなきゃいけないなと」と真摯に述べる。さらに熊川は、「まず心があり、そこから踊るというプロセスがあるかどうかで、ダンサーの表現はまったく違うものになる」と語り、「先ほどの僕の話を聞いたうえで、踊りを観て感じてほしい」と記者たちに呼びかけた。

その後の公開リハーサルではまず、マダム・バタフライ役の矢内千夏とピンカートン役の堀内將平が、マダム・バタフライとピンカートンの初夜のパ・ド・ドゥを踊った。マダム・バタフライのおじであるボンゾウは、姪がアメリカ人と結婚してキリスト教徒になったことに激怒。このパ・ド・ドゥは、ボンゾウにより結婚式がめちゃくちゃにされた直後に披露される。矢内は指を1本1本繊細に動かす蝶の羽ばたきのような動きや、日本舞踊のようなポーズで遊女見習いのマダム・バタフライの心情を表現。初めは深い悲しみをたたえていたマダム・バタフライが、ピンカートンと寄り添うことで次第に幸せで満たされていくさまを、柔らかな笑顔で演じる。ダイナミックなジャンプやリフトを披露する堀内は、力強く矢内を支えつつ、そっとマダム・バタフライに手を差し伸べるピンカートンの温かさを表した。

次にリハーサル室には9名の女性ダンサーたちが登場し、熊川の脚色により創作された花魁道中の場面を華やかにパフォーマンスする。それぞれに色とりどりの扇子を手にしたダンサーたちは、高下駄をはいた花魁のような足の動きや、着物の袖を連想させるしなやかな腕さばきで“和”の雰囲気を表現し、会場を魅了した。

リハーサル後には熊川、矢内、堀内が記者たちの取材に応じた。熊川はまず報道陣に勢いよく「どうでした!?」と感想を求めて会場の笑いを誘う。パ・ド・ドゥを作り上げるにあたり熊川は「“陰”の動きを取り入れていて、内に入る動作や内股で歩くところなど今までの(自分の)振付にはなかった部分もある」と明かし、「思うままに作りましたが、よいダンサーのおかげもあってよいものができた」と自信をのぞかせた。またバレエに“和”の要素を取り入れた振付に関連し、熊川が記者から「本作での海外進出を視野に入れているか」と問われる場面も。これを受けた熊川は笑い交じりに「政府も進めているようなインバウンド効果を狙います!(笑) あくまでドメスティックに、ぜひ劇場に来てほしい」と回答した。

熊川から長崎の話を聞いたと言う矢内は「『マダム・バタフライ』の時代の方は、自分の気持ちを優先しなかったと思う」と口にし、「今日のパ・ド・ドゥでのマダム・バタフライは、悲しみや将来への不安を抱えています。彼女も本当はその感情を表現したいのではと思いますが、ぐっとこらえることで伝えられるものがあると思います」と言葉に力を込める。またピンカートンの役作りについて質問された堀内は、「劇中には、日本人の中に1人だけアメリカ人のピンカートンがいる場面がある。そのシーンでは、アメリカ人らしく見えるよう動きや態度に気を付けています」とこだわりを語った。

最後に熊川は「味噌汁を飲んで、『日本人でよかった』と自然と口から出ることがあるかもしれませんが、この作品からそれと同じ感覚を得られるのでは。お腹ではなく“日本人としての心”を満たす、清い水のような感覚がある作品だと思うので、ぜひ感じてもらえたら」と締めくくった。

「マダム・バタフライ」は9月27日から29日まで東京・Bunkamura オーチャードホール、10月10日から14日まで東京・東京文化会館 大ホールにて。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2019「マダム・バタフライ」

2019年9月27日(金)~29日(日)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

2019年10月10日(木)~14日(月・祝)
東京都 東京文化会館 大ホール

演出・振付・台本:熊川哲也
原作:ジョン・ルーサー・ロング
音楽:ジャコモ・プッチーニ(オペラ「蝶々夫人」)ほか
舞台美術デザイン:ダニエル・オストリング
衣裳デザイン:前田文子

キャスト

マダム・バタフライ:矢内千夏 / 中村祥子 / 成田紗弥
ピンカートン:堀内將平 / 宮尾俊太郎 / 山本雅也
スズキ:荒井祐子 / 前田真由子 / 山田蘭
ボンゾウ:遅沢佑介 / 杉野慧
ゴロー:伊坂文月 / 石橋奨也
花魁:中村祥子 / 山田蘭 / 杉山桃子
ケイト:小林美奈 / 浅野真由香 / 戸田梨紗子
ヤマドリ:高橋裕哉 / 山本雅也
シャープレス:スチュアート・キャシディ

ステージナタリーをフォロー