ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

現代古典主義「アントーニオとシャイロック」再演、トークゲストに箙かおる

74

劇団現代古典主義「アントーニオとシャイロック」が、9月に兵庫と東京で上演される。

劇団蜂風鈴として2007年に大阪で劇団活動を開始し、13年に現名義に改称、15年からは東京を中心に活動している劇団現代古典主義。“スタンダードでありながら進化し続けることへの挑戦”をモットーに、ヨーロッパ古典ふうの作品を上演している。

今回は、同劇団が昨年17年に東京の劇団アトリエで上演した「アントーニオとシャイロック」を改訂しての再演。シェイクスピアの「ヴェニスの商人」を原作とした本作を、ステージを複数に分割して物語を同時に進行させる“同時進響劇”として立ち上げる。

なお兵庫公演では一部上演回の終演後にアフタートークを実施。ゲストには9月8日14:30開演回に元宝塚歌劇団の箙かおる、9日14:30開演回の終演後には劇団現代古典主義の公演に楽曲を提供しているKantaが登壇する。公演は9月7日から9日まで兵庫の神戸三宮シアター・エートー、9月13日から15日まで東京・フレリオ 新宿シアターにて。

劇団現代古典主義 The 4th floor series vol.1「アントーニオとシャイロック」

2018年9月7日(金)~9日(日)
兵庫県 神戸三宮シアター・エートー

2018年9月13日(木)~15日(土)
東京都 コフレリオ 新宿シアター

原作:ウィリアム・シェイクスピア「ヴェニスの商人」
脚色・演出:夏目桐利
出演:大西輝卓、樽谷佳典、柏木公宰、藤井絵里、土肥亜由美、倉持杏純、田畑恵未、小藤喜穂、成田英恵、田口ユリ子、諏訪貴大、三上奏子 / 島田勇矢、那須康史、北森望(兵庫公演のみ)

ステージナタリーをフォロー